2020年06月29日

さわやか(お店図鑑)

()



日々お元気ですか。

久方ぶりのお店図鑑です。

素敵なお店をご紹介しています。











DSC_0174.JPG

炭焼きレストランさわやか


静岡県にチェーン展開しているレストランです。


いつ行っても満員であります。

入り口で整理券を取って並ぶスタイルです。





MAX儲かってるはず(●´艸`)

うはうは会館です。




超絶人気店ですが静岡県以外に店舗はありません。

それは後で述べます・・・。











DSC_1706.JPG

名物げんこつハンバーグ



ナント( ´,_ゝ`)

南斗水鳥拳。




ハンバーグが球体でございます!



ハンバーグは小判型が基本中の基本。

キホーン的人権の尊重。



なぜに球体なのか。

Why? なぜに。













DSC_1490.jpg

やがて店員さんがやってきて球体を半分に切ります。

この時点で南半球と北半球に別れて鉄板に圧縮される。



鉄板にキューッ!と押してくださる。

ダブルハンバーグをキューッと。




ダブリブリブリダブリキュー!



メロリンキュー(●´艸`)

れいわ新選組山本太郎です。













DSC_1717.JPG

中は半生であります。

レアハンバーグなわけです。




ミンチ肉の半生は新鮮の証。

上等な牛肉をミンチにして最短で提供するため、さわやかの店舗は静岡県内に限られておるわけです。




旨い!新鮮!二重丸!

しかしハンバーグ店のネーミングが「さわやか」って・・・。




三重丸!ヾ(●゚∀゚●)ノ



オレの人気は落ち武者!本丸落城!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 20:43 | Comment(0) | お店図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

相一軒(お店図鑑)

()



日々お元気ですか。

お店図鑑でございます。

だんだんとダイビングから遠ざかっています。












DSC_1928.JPG

相一軒(神戸市中央区)


なかなかの店構えであります。


中の灯りが見えないようにしてる感があります。

店先にはいろんな関係ないモノが置かれています。


お店であることを隠蔽している感もあり(●´艸`)


提灯がなければ民家的な様相です・・・。




が、水曜日の18時で満席です。

予約しなかったので入店できませんでした。


超絶な人気店なのであります。

しばし他店で時間をつぶして再トライしました。

















DSC_1930.JPG

店内は普通の中華料理店と変わりない感じです。



おさーん的に居心地がよろしい。

まことによろしい( ´,_ゝ`)




実は平成生まれの若衆に連れて行ってもらいました。

モノホンの平成の若様です。




オレは・・・。

おさーん的に失格!












DSC_1935.JPG

ご飯無しカオマンガイ


うそ(●´艸`)



蒸し鶏です。


冷製仕立てになっておりました。

臭みがなく旨味があります。











DSC_1931.JPG



メニューにそう書いてありました。


まさに腸です(●´艸`)



辛めの味付けでおビールに合います。

台湾の夜市に行くとホルモンのことを腸とか大腸とか漢字で書いてあるので台湾系の中華料理店ではないかと思います。


餃子 300円
蒸し鶏 500円
腸 350円


少量を安い値段で食べられるのも台湾的です。












DSC_1939.JPG

テビチ


うそ(●´艸`)



豚足です。

ま、テビチも豚足なのであながち嘘でもないか。



28歳下の平成の若様にガッキーと石原さとみだったらどっちが好みか?とヤングな質問をしましたところ、

散々悩んだ末に石原さとみと答えました。




非常によいお店なのでまた行こうと思いました。

若様ありがとうございました。



好評でしたらポチッとおねしゃす





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 20:31 | Comment(0) | お店図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

あおき橘風苑(夕日ヶ浦温泉)

()



寒波に襲撃され中です。

えげつない暴風雪が吹き荒れました。

爆弾低気圧というやつでしょうか。








IMG_4959.JPG

恒例の蟹旅行に行ってきました。

京都府京丹後市にある夕日ヶ浦温泉です。


かれこれ20年以上も通っています。


京都の奥座敷といった感じの古い町並み。

風情があって非常によろしいのです。









DSC_7685.JPG

カニ室

・・・。


そんな名前ではないですが(●´艸`)



お部屋は広々10畳の間でござます。


床の間と板の間を入れると15畳ぐらいあります。

室内にトイレと洗面所があります。








DSC_7698.JPG

蟹フルコース


蟹みそ
蟹刺身
焼き蟹
蟹天麩羅
蟹甲羅焼き
丸ごと茹で蟹
蟹ちり
蟹雑炊


だいたい各お宿がこのようなお献立です。

金沢県から鳥取県にかけての日本海側にはこのようなお宿が多々あります。







IMG_4884.JPG

アマエビ刺身


和名ホッコクアカエビ

タラバエビ科タラバエビ属



抱卵していますね。

抱卵類のエビであることがわかります。


ま、今日はそれはよろしい(●´艸`)








IMG_4895.JPG

焼き蟹


蟹の質がたいへんよろしい。


先ほどのお刺身も質が素晴らしい。

そして量も非常に多いのであります。


お部屋の質・蟹の質・蟹の量・温泉の質・価格。

この5点に合格を出せるお宿はなかなかに少ない。








IMG_4904.JPG

蟹天麩羅


これで一人前です。


あっさり岩塩とお出汁でいただきます。


これも質・量共に素晴らしい。

中型の蟹一匹分ほど使用しているようです。







DSC_7711.JPG

蟹ちり


お鍋でございます。

この時点ですでに満腹ですが・・・。



あっ!

カニはエビだって知ってましたか?





よく読んで勉強してください。

勉強してから蟹を食べましょう。







DSC_7715.JPG

蟹雑炊


ご飯と同量の蟹入り( ´,_ゝ`)



焼酎の水割りを飲んで

蟹雑炊食べて

焼酎の水割りを飲んで

蟹雑炊食べて


延々繰り返して二杯おかわりしました。

大満足です。







DSC_7660.JPG

展望露天風呂


荒れる日本海が見えます。

昔この浜に潜ってウミウシを撮った人がいます。

・・・。


オレか(●´艸`)




内風呂も広くて素敵です。


夕日ヶ浦は美人の湯。

さっぱりとしていながらしっとりした泉質。


ホントにお肌が綺麗になりますよ。







IMG_4957.JPG

朝ご飯


旅館の朝飯はうまい!


オレの家の晩ご飯よりうまい。

そしてオレの家の晩ご飯よりゴージャス。


朝から温泉にも入って幸せ気分。


一泊二日の蟹ドリーム

皆さまも蟹旅館一度いかがですか。







DSC_7654.JPG



お部屋・蟹の質・蟹の量・温泉・価格全て完璧です。

スタンダードなコースで満足感MAX!


お酒も飲んで2人で税込み約4万円。

実は去年も利用させていただきました。



20年間通ってみつけた素敵なお宿です。

常宿にさせていただきます






クリッックぽんで蟹の幸せ!


posted by 海底奉行 at 07:38 | Comment(0) | お店図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

ニュー万長(お店図鑑)

()


師走の日々お元気ですか。

忙しいは幸せの種であります。

なんとか頑張って年を越しましょう。









P1011667.JPG

シーサー

オスです。


口をあけて福を招き入れる。


招福開運!

めでためでたの若松様!


非常に縁起がよろしい。








P1011669.JPG

ゆくし丸ひろ子(●´艸`)


八坂神社です。

京都の祇園にあります。


というわけで京都に行ってきました。

先週の土曜日のお話しです。










P1011659.JPG

焼肉 ニュー万長


いちげんさんお断り。


京都の閉ざされたカーテン。

ノーオープン!


これは居住まいを正して入店しなければならない。


三つ揃いのスーツを着用して行きました。



ゆくし(●´艸`)












P1011630.JPG

お肉


カルビです。

サシが強烈であります。


もみダレはあっさり醤油系でしょうか。

軽い下味はお肉の質で勝負できる証です。









P1011640.JPG

自家製マッコリ


いちげんさんお断り。


でも気取りは一切ありません。

祖父母の家にいるような感じ・・・。


感覚的に昭和40年代(●´艸`)


チャプチェなどの一品料理も付属です。











P1011636.JPG

お肉が焼けました。


昔ながらのガスコンロ焼き。


大阪ガスの炎は世界一やな( ´,_ゝ`)



初めて焼肉を食べた日のことを思い出しました。

世の中にこんなに旨いものはないよなあ・・・。












P1011649.JPG

ホルモン盛り合わせ。


ミノが絶品でした。

今まで食べた中で断トツ最高であります。


包丁の入れ方が絶妙ですね。


ほどよく噛めるように。

味がよくわかるように。


感服つかまつりました。










P1011620.JPG

タレの中に昭和の電灯が・・・。


あっさり系で飽きなく楽しめます。


昨今ある高級店の味の元祖だと思います。

こちらが本家本元です。

お値段は意外にリーズナブルでありました。



いちげんさんお断り。


これはオーナーお歳によるものみたいです。

大勢の人は無理みたい・・・。



好感が持てました♥





ニュー万長には歴史がある。


何も変えない変わらない。

京都の気風が生んだ素晴らしい名店です。













P1014314.JPG



祇園でいちばん風情のある通りにあります。


路線価超絶高そう(●´艸`)





翌日きななイタリアンを食して帰りました。



きななの大本代表に万長を予約していただきました。

遠くは沖縄・東京からのメンバー各位ご苦労さまです。




海洋と全然関係ないのでは?

と、思ったお方・・・。


参加者全員がダイバーどすえ( ´,_ゝ`)








ホントの自分をじっと見つめて!


posted by 海底奉行 at 19:15 | Comment(0) | お店図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする