2021年07月20日

オキナワベニハゼ近似種(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日も学習いたしましょう。










okinawabe.JPG

オキナワベニハゼ近似種

Trimma sp. 5 Gobiidae


第1背鰭の第2棘が伸びるもの。

のお写真でございます。


オキナワベニハゼと同種か異種かについては意見がわかれているようでございます。












IMG_7938.JPG

第1背鰭の第2棘が伸びていますね。

ビローンと伸びています。



第2背鰭と尾鰭の模様も確認してくださいまし。


魚類写真データベースの Trimma sp. 5 

で間違いないと思います。













okinawabeni.JPG

地味目な写真です。

これも第1背鰭の第2棘が伸びています。



今まで撮りためた膨大な写真。

ボボボーボ・膨大な写真(●´艸`)


整理しているとわらわら出てきます。
















okinawa-benihaze.JPG

ホラー写真!

歯が出てウロコが(●´艸`)



第1背鰭の第2棘が伸びています。

頭部の4本の縞があいまい。

身体がドット模様です。


これら4枚の写真は全て Trimma sp. 5 です。



僕が撮った膨大な写真・・・。

魚類の分類に役立つといいな。



人生は七転び八起き





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 06:07 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月07日

オヨギイソハゼ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

お魚図鑑の連チャン続きであります。






oyogiisohaz.JPG

オヨギイソハゼ
ハゼ科イソハゼ属。



見事な図鑑撮りです。

鰭の条数もカウントできます。

ナイスですねぇ!



自画自賛( ´,_ゝ`)

ガリガリ亡者でございます。












IMG_1197.JPG

あっ!
キイロサンゴハゼちゃんをフクロにしようとしている!


・・・。



そんなことないか(●´艸`)


群れで行動するタイプのお魚です。

名前のとおりよく泳ぎます。











IMG_0908.JPG

体長は3cm程です。

石垣島で撮影しました。


ドームポート目のピントがあまい。

あまか棒でございます。


そんなのないか(●´艸`)




どん詰まり解消で明日への希望を





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 21:20 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月27日

ハイブリッドネジリン(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。












_photos_uncategorized_2013_12_17_img_0913.jpg

ネジリンボウ

ハゼ科ネジリンボウ属。


総本山ネジリンボウ。

なんだか威厳がありますね。



次の次の壱萬円札にどうかな?

やもめのジョナサンがトラックアートに。



ジョナサン知りませんかな(●´艸`)













IMG_6581.JPG

真栄田岬のハゼ場で撮影いたしました。

謎のネジリンボウ。



ヒレナガネジリンボウの特徴が多いと思います。

が、ヒレが短い!


単に欠損してしまっただけなのかしら?













_photos_uncategorized_2013_12_21_img_0891.jpg

スタンダードなヒレナガネジリンボウ。

ハゼ科ネジリンボウ属。



第1背鰭が長いからわかりやすいですね。

鰭の長いネジリンボウです。


黒くて長いのが特徴的です。










IMG_6596.JPG

真栄田岬の謎のネジリンボウ。


鰭が黒くなくて短い。

ネジリンボウ+ヒレナガネジリンボウなのかしら。


けっこう見かけるけどどうなんでしょう。


教えてルナ先生(●´艸`)



ヘビーローテーション!蛇テンション下がる!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 16:20 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月25日

ウチワフグ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖な魚類をご紹介しています。














utiwahugu.JPG

ウチワフグ

ウチワフグ科ウチワフグ属。


これまた面妖な(●´艸`)



お魚図鑑初の陸上写真です。

沖縄本島崎本部のゴリラチョップの海岸に打ち上げられていました。











utiwafugu.JPG

すでにお亡くなりになっていました。


故ウチワフグ(●´艸`)

・・・。



活きて泳いでいるお姿を撮ったらMAXスなクープ写真になったであろうかと思います。
水深100m以深が棲息域の深海魚だからです。


もう少し遅くEXしたらよかった。

実におしい。










utiwahug.JPG

かなりレアなお魚のようであります。

※沖釣りをする海人は釣れたら食べるらしい。


ウチワフグは普通のフグのように膨らんで威嚇するのではなく、扇子のようにビラっと腹膜の模様を見せて威嚇するらしい。


逆ニチリンダテハゼ的(●´艸`)
















IMG_6813.jpg

沖縄本島恐るべし。

ゴリラチョップ恐るべし。

色んな生物がいらっしゃいます。



しかし扇子のようにビラっと開くならお名前はセンスフグがよかったかもね。

ハイヤセンスルユイヤナ〜。


もうダメ!崖っぷちのポニョ!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 05:33 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月22日

スミレナガハナダイ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。











sumirenagahanagdai.JPG

スミレナガハナダイ

ハタ科ナガハナダイ属。


見事な図鑑撮りです。

ナイスですねぇ(●´艸`)



雄のように見える個体を雄相というそうです。












IMG_0711.jpg

お子もしくは雌相の個体です。


ただ必ずしも雌とは限らないとの事であります。

幼魚の時は未発達な卵巣と精巣を合わせ持っているらしい。



精巣が発達して雄になってもお姿は雌相のままの場合もあり。

見た目は相であり雌雄の判断にはならないのです。













109377.jpg

雌相から雄相へ変化中と思われる個体です。

一次雄といって最初から雄だった可能性もあり。


単に雄がハーレムを作り雄がいなくなると雌が雄に変化すると思っていましたが、どうも違うようです。



う〜ん!

複雑怪奇


平沼内閣総辞職(●´艸`)



どんどん衰退中!祇園精舎の鐘の声!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 05:37 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月20日

図鑑撮り(お魚図鑑)


()



日々お元気ですか。

海に行けない悲しい毎日です。

過去に撮りためた膨大な写真をWeb魚図鑑さんにUPして自分を慰めています。












gomamongara.JPG


IMG_0277.JPG


IMG_5479.JPG


IMG_1710.JPG


houraihimeji.JPG


IMG_0730.JPG


monnkikinntyakuhugu.JPG


IMG_9207.JPG


sedakaginpo.JPG

図鑑撮り

っていうのは・・・。



ちょっと小馬鹿にされるイメージですがね。


なかなか難しいね( ´,_ゝ`)




いつも背水の陣!ギリギリガールズ!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation


buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 19:14 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月17日

コバンザメ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。











IMG_6685.JPG

コバンザメ

コバンザメ科コバンザメ属



進化の過程で頭に吸盤ができちゃった。


ダーウィン先生!

コレはMAXスゴいことでございますね。













IMG_6681.JPG

「大型魚類のおこぼれにあずかる」

というような事が文献に書かれています。


マンタの鰓から食べ残しが出るのでしょうか。



何も得られないような気がします・・・。

マンタがプランクトンを食べてしまうからです。











IMG_4038.JPG

マジ卍( ´,_ゝ`)


これは・・・。



ウンチだって大切なご飯です。


ご飯ではないな(●´艸`)

大切な餌です。



マンタのフンには多大な栄養が残っているのでしょう。

しかし呼吸は大丈夫なのかしら?





たまには応援してやってくださいまし





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 06:12 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月08日

ベニハゼ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

お役に立つ情報発信を心掛けています。













benihaze.jpg

ベニハゼ

ハゼ科ベニハゼ属


総本家別格総本山ベニハゼです。

知る人ぞ知る真のベニハゼでございます。


モノホンのベニハゼです。


ま、ノーマルベニハゼです(●´艸`)

産卵前のようですね。











beni-haze.jpg

お身体は鮮明な赤色と青みがかった白色です。

近似種のオキナワベニハゼとは若干異なります。



ベニハゼの仲間はspが多く分類は難解です。

難解電鉄高石駅(●´艸`)



同定するのは非常に難しいのであります。












tigobenihaze.jpg

ノーマルベニハゼはチゴベニハゼと混同されやすい。


混同まさひこ(●´艸`)

・・・。



肉眼ではほとんど見分けがつきません。


強いて言えばチゴベニハゼは顔が青い。

デスラー総統のような顔色です。



※最後の写真はチゴベニハゼです。





参考になりましたらご支援お願い致し候





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 19:33 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月06日

ミナミフトスジイシモチ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑であります。

本日も面妖なお魚をご紹介いたします。












minamihutosujiishimoti.JPG

ミナミフトスジイシモチ

テンジクダイ科スジイシモチ属


真栄田あっちゃん岬で撮影いたしました。

わくわく亜熱帯あっちゃん岬。



南太筋石持です。


南方系のお魚ですかね。












minamihutosujiisimoti.JPG

分布:神奈川県以南と書いてあります・・・。


な〜んだ。

ナイチにもいるのか(●´艸`)



ま、がっかりすることはありません。


海はつながっておるのです。

それはそれで素敵なことでございます。












IMG_9152.JPG

お約束のfish-eyeドームポート目。


し、失敗(●´艸`)

くやし丸ひろ子でございます。



早く沖縄に行って写真を撮りたい今日この頃です。




青田赤道のように応援してくださいましね





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 11:22 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月26日

ヌリワケカワハギ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。












IMG_8420.JPG

ヌリワケカワハギ

カワハギ科ニシキカワハギ属



ハッキリと塗り分けられています。

お見事(●´艸`)


紺色とオレンジ色でしょうか。

昔々の阪神電車の普通カラーみたいです。
















IMG_8421.JPG

カワハギの仲間はヌメりが無いのですが・・・。


MAX無さそう。


お肌ガサガサ!

コエンザイムQ10とプラセンタを注入しよう。


パイナップル豆乳ローションも塗るとよいね。

・・・。


あれはムダ毛用か(●´艸`)











IMG_8422.JPG

ペアでいちゃついていました。

真栄田岬でたまに見かけます。


警戒心が強くなかなか寄せてくれません。


だからピンボケなのよね(●´艸`)




一生懸命に頑張っております





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 19:41 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月23日

オキナワサンゴアマダイ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

先日ウソを教えてしまいましたが頑張ります。











IMG_3062.JPG

オキナワサンゴアマダイ

キツネアマダイ科サンゴアマダイ属



見事な!

ピンボケ。



これは情けない。

情けなくって涙が出てくる。


あばれはっちゃくです(●´艸`)
















okinawasanngoamadai.JPG

いにしえの昔にホーシューで撮影しました。

水深は45mです。


2本目でたまたま見つけたので急いで恩納潜水に3本目を借りに行きました。



初めて見てその後は見ていません。


まことの一期一会( ´,_ゝ`)











IMG_3054.JPG

姿勢が悪い。

うつむき加減。

ぼーっとしている。


オレか┌(;゚∀゚;)┐




実は全ての写真がピンボケか青かぶりです。

難しいお魚であります。



まだまだ頑張るコトにしました





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 15:41 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月16日

修正について(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日はお詫びと訂正であります。












IMG_8243.JPG

先日このお魚をホンソメワケベラとご紹介しましたが正しくはニセクロスジギンポであります。

ごめんなさい・・・。



イソギンポ科クロスジギンポ属のお魚です。

ホンソメワケベラに擬態しており他の魚の鱗などを齧って食べるようです。


※web魚図鑑の先輩からご指摘をいただきました。











_photos_uncategorized_2015_06_19_img_1108-f9a97.jpg

ホンソメワケベラはこちらになります。

口の形状がおちょぼ口ですね。



海底奉行もまだまだ尻が青い。

海のように尻が青い。

青尻奉行でございます(●´艸`)



しかも過去のお魚図鑑で同種をご紹介しています。











honnsomewakebera.JPG

このお子はホンソメワケベラです。


Not お母さん。

・・・。


自分の仲間に擬態するチョイ悪魚のクリーニングをしてあげています。

けなげな(●´艸`)











IMG_7833.jpeg

さらに先日このお魚をスカシテンジクダイとご紹介しましたが正しくはシンゲツスカシテンジクダイであります。

ごめんなさい・・・。



2018年に新種となったようです。

う〜ん。


複雑怪奇

平沼内閣総辞職ということに相成りました。


相成りなりませんか(●´艸`)




※これもweb魚図鑑の先輩にご教示いただきました。





没落の危機!ドラゴン危機一髪!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 13:30 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月08日

シモフリタナバタウオ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。












shimohuritanabata.jpg

シモフリタナバタウオ

タナバタウオ科シモフリタナバタウオ属



砂辺で撮影しました。

・・・。


ちょっと(●´艸`)

出できてちょうだい。











simohuritanabatauo.JPG

かなりシャイなお魚です。

おそらく夜行性であると思われます。


昼間見ると目立ちますよね。

かなり派手目ですね。











shimohuritanabatauo.JPG

目の位置を擬態しています。

目がどこだかわかりませーん。


ぬーがぬーやらむるわからん

ぬーがなとーらむるわからん



敵の攻撃を欺くためですね。











simohuritanabata.jpg

E⚡YAZAWA


いきなりポージングです。

シャイじゃないのかな(●´艸`)





ためになったら押してちょうだいね〜





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 17:01 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月25日

ホシカゲアゴアマダイ(お魚図鑑)

()



日々お元気ですか。

お魚図鑑でございます。

面妖なお魚をご紹介しています。












hoshikageagoamadai.jpg

ホシカゲアゴアマダイ

アゴアマダイ科アゴアマダイ属。


2018年に標準和名がついて再分類されました。

それまでダイバー的にはジョーフィッシュとしてひとくくりに紹介されておったのです。


十把一絡げ(●´艸`)












hosikageagoamada.jpg

本種は同属の中でも著しく根性があります。

リングアイジョーフィッシュ(メガネアゴアマダイ)と比較すると非常にアクティブです。


イエロージョー(本種)は根性がすわっている。


多数の観察者がブログ等で報告していました。



黄色いからぴょん吉ちゃんのように根性があるのだと思います。













hosikageagoama.jpg

石垣島で見た彼は人の手からエサをもらっていました。

警戒心がほとんどない感じです。


最北では串本で本種を見ました。

やはりアクティブな性格をしていました。





応援してください!僕もアクティブにいきたい!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 05:05 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月21日

テングハギモドキ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

お魚図鑑でございます。

日々学習いたしましょう。




IMG_8029.JPG

テングハギモドキ

テングハギ属テングハギモドキ



ゴリラチョップの丸お子のお名前がわかりました。


よかったですね(●´艸`)



ひとりぼっちで海底にじっとしていました。


群れからはぐれたのでしょう。












IMG_8040.JPG

おシッポ齧られてる(●´艸`)

かわいそう・・・。



海の中は綺麗に見えて弱肉強食の世界です。


食べられませんように。

無事仲間のところに戻れることを祈っています。











IMG_8023.JPG

今は小さいけど60cmぐらいまで成長します。

顔つきも精悍になり長い魚になります。



かわいさはなくなる(●´艸`)

お魚も動物もお子はかわいいですね。



また順位がやられちゃってます





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 09:26 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月08日

スズメダイモドキ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日も学習いたしましょう。












IMG_1210.JPG

スズメダイモドキ

スズメダイ科スズメダイモドキ属


1属1種のお魚です。

クロスズメダイによく似ています。


よく分類できましたねぇ・・・。

学者先生あっぱれあっぱれ。



いつもWEB魚図鑑さんにお世話になっています。

的確に同定していただけるので感謝しています。















IMG_1216.JPG

こっち向いてちょうだい(●´艸`)


スズメダイと比べるとウロコが大きいように思います。

普通のスズメダイに無いオーラも感じます。


そして顔が少し黄色い。

これは興奮しているとか緊張しているとか精神的な作用によるらしいのです。


人間みたいですね。











IMG_1217.JPG

超黄色くなった┌(;゚∀゚;)┐

激おこみたい。


近寄ったからかな・・・。

ごめんごめん。





ちょっぴり回復の兆し!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 18:19 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月14日

イソギンポ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。












IMG_9535.JPG

イソギンポ

イソギンポ科イソギンポ属。



ナント!

大阪湾在住のイソギンポです。



水質により視界は50cm以下であります。











IMG_9540.JPG

コラ〜っ!


怒っています(●´艸`)



有史以来人間が海に糞尿を垂れ流すこと幾星霜。

糞尿だけならまだしも、カドミウムなどのえげつない化学物質もデロデロと垂れ流すこと幾星霜。




結果としてヘドロの海と化した!


耐えがたきを耐え。忍びがたきを忍び。

そして彼はどんな汚い海でも生きられるよう進化した。



不死身のイソギンポ様


不動明王像の火炎のようにメラメラと怒りの炎をあげておるわ!





















IMG_9522.JPG

あっ!

出てきました・・・。



けっこう太っていますね。


ムチムチしています(●´艸`)



栄養状態は良い環境のようです。











IMG_9515.JPG

人類の経済発展の終焉はどこにあるのか。


環境汚染による滅亡か。

富を奪い合う世界戦争か。



欲を捨て自然と共存できないなら二択しかない。



海底奉行もそろそろ滅亡か





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 12:57 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月04日

スカシテンジクダイ(お魚図鑑)

()



日々お元気ですか。

お魚図鑑でございます。

面妖なお魚をご紹介しています。












IMG_9500.JPG

スカシテンジクダイ

テンジクダイ科スカシテンジクダイ属



ゴマモン様が鎮座しています。

恐怖の大王でございます。


スカシテンジクダイちゃん達はいつも根を取り囲むように群れています。

カスミソウのように控えめで可憐ですね。











IMG_7833.jpeg

お身体これスケルトン。


凄い!

凄十(●´艸`)




三枚におろしてお刺身にした場合・・・。

透明の物体がお皿にのるのか?


お皿だけしか見えないのか。

寿司だと山葵とシャリしか見えないのか。



ま、しかし脊椎動物なのに筋肉がスケルトンってスゴいですね。











IMG_7689.JPG

食べられても食べられても子孫繁栄です。

本種もまたプランクトンを食べています。


輪廻転生豊年満作。



血管もスケルトンです。

血はどうなっているのでしょうか。



ランクダウンが定着!悲しみ本線日本海!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 19:03 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月11日

クラカケエビス(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日も学習いたしましょう。












IMG_1676.JPG

クラカケエビス

キンメダイ目イットウダイ科イットウダイ属



昨日は10日恵比寿です。


商売繁盛で笹もって来い!

商売繁盛で笹もって来い!



恵比寿さま。


フレンドリーにいうと(●´艸`)

えべっさんです。











IMG_1672.JPG

珊瑚礁や岩礁に棲む夜行性のお魚です。

アカマツカサと同じような生態であります。


下半身が白いのは擬態であると思われます。

死ぬと下半身も赤くなるらしい。


ホーシューのプチ洞窟で撮影いたしました。











IMG_1674.JPG

お約束のドームポート目ならず・・・。


しかし、とてもうまそうなお魚ですね。

身は淡白で上品な味だそうです。



ま、キンメダイの仲間なので当然かな。

吉兆!吉兆!縁起物でございます。





こちらも吉兆!復活のチャンスです!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 15:41 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

レティキュレイトボックスフィッシュ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。












IMG_5033.JPG

レティキュレイトボックスフィッシュ

ハコフグ科ハコフグ属。


お子の個体です。

小学5年生ぐらいか。


成魚は青みがかった体色になります。



熱帯域に生息するお魚です。

フィリピンで撮影いたしました。



ミナミハコフグよりもかなり南に生息しています。


超絶ミナミハコフグ!

モノホン熱帯魚!

ハワイアン・ロミロミ!



ちょっとちがうか(●´艸`)



※フィリピンからグレートバリアリーフにかけて生息しています。












IMG_5030.JPG

図鑑撮りしました。


いちおう図鑑だからね(●´艸`)

・・・。



ま、ミナミハコフグのえげつない編ですかね。

ミナミハコフグも大人になるとけっこうえげつない体色になってしまいます。












IMG_5032.JPG

お約束のドームポート目


シャコタンブギのコマちゃんみたい!

・・・。


知りませんか(●´艸`)



こんなこと書くからメジャーになれないのかな。

ま、いいけど。





細々と頑張り続けています





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 20:18 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

レンテンヤッコ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日も学習いたしましょう。











IMG_9113.JPG

レンテンヤッコ

キンチャクダイ科アブラヤッコ属。


南日本・ハワイ諸島・ミッドウェイ諸島にのみ生息。

小笠原諸島が主な生息地です。



沖縄にいそうでいないカラフルお魚です。


ピンぼけですが(●´艸`)












IMG_6860.JPG

観賞魚として非常に人気があります。

丈夫で飼いやすいらしい。



末端価格は一匹約8万円です。


高い(●´艸`)

高井麻巳子。


電撃結婚・・・。











IMG_9129.JPG

串本と伊豆で複数の個体を見かけました。

イエローとパープルの神秘的な体色です。



パープルタウン(●´艸`)

八神純子。


ヘルフちゃん的で美しいですね。



急に順位落ガタち!くやし丸です!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 19:30 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

イサキ(お魚図鑑)

()



日々の学習お魚図鑑です。

1日1種類のお名前を覚えましょう。

本日も学習いたしましょう。














IMG_9647.JPG

イサキ


イサキ科イサキ属イサキ。

アジ系かと思ったら意外に一属一種であります。



お子の個体です。

体長は5cmぐらいでした。



さっきイカに狙われてたよ(●´艸`)

気をつけよう。












IMG_8192-177f1.jpg

成魚になると群れを作り外洋に出ます。


小型の魚などを補食して大きくなります。

MAXで30cmほどになります。



昨今養殖に成功したというお話しを聞きました。

味が良いので高級魚扱いになっているようです。











IMG_20200825_192909_182.jpg

MAX成長しても補食されます。


カンパチ先生に食べられる(●´艸`)



群れをよく観察していると巧みに形状を変えてカンパチを幻惑させているようです。

変幻自在であります。

・・・。



カンパチもまた大型の魚に補食されます。

海の中は綺麗に見えて弱肉強食です。


あゝ無情ジャンバルジャンです。




おれも頑張って生きよう





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 06:30 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

キオネミクティス・ルメンガニイ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。












IMG_0696.JPG

キオネミクティス・ルメンガニイ

トゲウオ目ヨウジウオ科


・・・。





清美テクニシャン・メンガテー

と覚える。




まちがい(●´艸`)




※メンガテー=石垣島のおでん処












IMG_0688.JPG

学名 Kyonemichthys rumengani


海底の沈殿物に擬態しておるようです。



イラブチャーの糞などですね(●´艸`)

・・・。




砂辺NO1で撮影いたしました。


標準和名は今のところついていないようです。

沖縄本島では通称でピグミーシードラゴンと呼ばれていました。













IMG_0697.JPG

後ろお姿



沖縄本島で多々確認されているのでそのうち和名がつくことでしょう。

和名は日本魚類学会の標準和名検討委員会で決定されるようです。




見つけていただいたドクターひ〜さん。


お元気にしていらっしゃるでしょうか(●´艸`)



その節はありがとうございました。





仏恥義理トップでおねしゃす!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 21:13 | Comment(2) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

ナマズ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

今回はなんと淡水魚のご紹介です。












_photos_uncategorized_2016_08_11_img_1332.jpg

マナマズ

ナマズ目ナマズ科ナマズ属。



鯰です。


川に潜水して撮影しました。




河川奉行(●´艸`)

リバー奉行でございます。











_photos_uncategorized_2016_08_11_img_1326.jpg

ナマズに威嚇された!

・・・。




情けない(●´艸`)

これは情けない。



人間の尊厳がボロボロです。

ボロボロジューシーでございます。




ま、ちょっと寄り過ぎたようです。












_photos_uncategorized_2016_08_11_img_1336.jpg

歯が1本も無いのかと思ったらいっぱいあり。


鮫のような歯並びです。

シャーク的ですね。


カエルなどを捕食しているようです。




鼻の穴の横から突然ヒゲが生えています。

ヒゲはアンテナというか目の役割をします。



目が小さいから(●´艸`)

ものすごく離れてるから。












_photos_uncategorized_2016_08_11_p1010999.jpg

3年前の8月に和歌山の日置川で撮影しました。


清く正しい日本の夏。

待ち遠しい夏。



強烈な紫外線でCovid‐19を撃退してほしいものです。





やる気スイッチで更新頻度UP!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 18:48 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

カガミチョウチョウウオ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

1日1種類お魚の名前を覚えましょう。











IMG_3167.JPG

カガミチョウチョウウオ

チョウチョウウオ科チョウチョウウオ属。



非カラフルなチョウチョウウオです。


鮒みたい(●´艸`)

ターイユです。



本種は一番地味なチョウチョウウオといわれています。











IMG_3164.JPG

沖縄本島で多く見かけます。

熱帯から亜熱帯にかけて多く生息するお魚です。



真栄田あつ子岬でもよく見かけます。


が、大多数の人はスルーします。

あまりカメラを向けることもありません。



地味

ということが人の興味をそんなに失わせるのか。

・・・。



地味でも真面目にコツコツやってるのに。

とやかく言わないでくださいっ!



言われてないか(●´艸`)











IMG_3162.JPG

お食事中です。

ポリプを食べているのだと思います。



実はチョウチョウウオの仲間はおいしいらしい。

非常に美味だという人もいらっしゃる。



まあ魚は派手より地味がうまそう(●´艸`)



順位転落餅ベーションだだ下がり





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 21:04 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

スジアラ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑でございます。

素敵なお魚をご紹介しています。












IMG_9348.jpeg

スジアラ

ハタ科スジアラ属スジアラ


沖縄名はアカジンミーバイです。




アカジンミーバイ(スジアラ)
アカマチ(ハマダイ)
マクブ(シロクラベラ)

沖縄県三大高級魚筆頭でございます。




写真が非常にショボい(●´艸`)

警戒心が強く非常に寄りにくいお魚だからです。













IMG_6940.JPG

かなり寄れました。

寄り寄りです。



串本のアカジンですが(●´艸`)


沖縄ではなかなか寄れません。

ナイチのアカジンは警戒心が薄いのでしょうか。













_photos_uncategorized_2013_05_17_p1011157_2.jpg

ありし日の旧牧志公設市場でございます。


アカジンは末端価格的にも最高級です。

アカマチは結構安いですね。




高級魚高い順番に・・・。

アカジンミーバイ
マクブ
イラブチャー(ナンヨウブダイ)
アバサー(ハリセンボン)
アカマチ


グラム単価的にはイラブチャーがのほうが高い。











_photos_uncategorized_2015_07_12_p1018241.jpg

変わり果てたお姿に(●´艸`)


しかし旨い・・・。

クエの仲間だから旨くて当たり前か。



食べてゴメンねアカジンちゃん!


味噌汁に入れるのが最高です。



参考になりましたらPUSHしてくださいましね





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 21:26 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

ミスジスズメダイ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日も学習いたしましょう。












IMG_9504.JPG

ミスジスズメダイ

スズメダイ科ルリスズメダイ属。



地味ですな。

喪中みたい。

普通種かな。


と、思ったお方・・・。



あまおう(●´艸`)

博多あまおう。











IMG_9513.JPG

ドームポート目ならず・・・。


くやしい(●´艸`)

くやし丸ひろ子。



非常にシャイで撮影困難なお魚です。


しかも水深は35mであります。

5分程度しか滞在できない水深です。












IMG_7558.JPG

本種は真栄田あっちゃんのハゼ場で撮りました。


付近にレア魚がわらわらいらっしゃる。

ヤシャハゼ・ホタテツノハゼなど目白押しです。


普通はこちらを撮りますよね。

ガリガリ亡者のように( ´,_ゝ`)



スズメダイに粘るなど酔狂の極みです。












IMG_9507.JPG

寄り寄りに寄って鱗アップ。


体長4pほどの小さなお魚です。

観察例は少なく狙って潜る人もいません。



なにより写真が撮りづらいお魚であります。

ある意味究極のレア魚ではないかと思います。



クリック激減で風前のともし火





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 15:12 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

オハグロベラ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日も学習いたしましょう。












IMG_7108.JPG

オハグロベラ

オハグロベラ属オハグロベラ。


西日本の日本海側で多く見かけます。



写真は雄になりかけの雌の個体であると思われます。

本種は雌から雄へと性転換をいたします。


魚類では性転換は頻繁に見られます。











IMG_7115.JPG

歯は全然黒くない!


お歯は全く黒くない(●´艸`)



むしろ白い。

普通の歯ですね。


お歯黒ではありません。












IMG_1523.JPG

成熟した雄の個体


ガングロになりました(●´艸`)

ガングロベラです。



しかしお歯は黒くありません。

普通の白い歯をしています。












IMG_7197.JPG

雌と思われる個体


ま、名前の由来はおいといて・・・。

一旦産卵を終えた雌が雄になるようです。

本種は今のところ確定した分類はされておらず沖縄には亜種が存在するようです。





ためになりましたらプッシュお願いね





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 22:06 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

ツインスポットゴビー(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。












_photos_uncategorized_2015_01_28_img_1174.jpg

ツインスポットゴビー

お食事中です。



カニハゼじゃないのか?

と思いますよね。


実は本種は日本に生息していないため標準和名がついておりません。

カニハゼはあだ名だったわけです。











_photos_uncategorized_2015_01_28_img_1168.jpg

有機物を鰓でこしとって食べます。

・・・。



カニよりカエルに見えませんか?


カエルハゼです。

ゲロゲーロカエルハゼ。

・・・。




名前って難しいですよね。


スキューバなのか?

スクーバなのか?


アボガドなのか?

アボカドなのか?



アタイにはわかりません(●´艸`)




※スクーバ・アボカドらしいです。












_photos_uncategorized_2015_01_28_img_1232.jpg

お約束のドームポート目

非常におとなしいお魚です。


柔和な顔をしています。

警戒心もおそろかです。


将来大丈夫か・・・。






クリック減って栗拾いに行く





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 19:51 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

魚種同定(お魚図鑑)

()



日々お元気ですか。

魚類の学習お魚図鑑でございます。

本日はPRと魚種の同定についてお伝えいたします。












IMG_568.JPG

え〜( ´,_ゝ`)


まず、本ブログのカテゴリにあります「お魚図鑑」につきましては、長年にわたる継続により閲覧が非常に困難な状況になっております。

魚種を検索するには「海底奉行−シコンハタタテハゼ」と入力して検索する以外に方法がありません。


ちょっと面倒ですね・・・。















IMG_5509-ec7b0.jpeg

そこでWEB魚図鑑さんに投稿することになりました。



すでに多数の魚種を投稿しています。

分類が細やかで非常に便利です。


お魚の同定に是非お役立てください。


童貞とちがうよ(●´艸`)




※ 同定=同一であると見きわめること。 生物の分類上の所属や種名を決定すること。











IMG_0184.JPG

さらに!


インスタグラムにも投稿しています。

・・・。


フォロワーは少ないです(●´艸`)




インスタ映え無関係のお魚の写真です。

しかし魚種の同定にはお役に立てるかと思います。















IMG_3532.JPG

さらに!


フェイスブックで日本セルフダイビング協会というグループも管理しております。

ダイビングの情報やお魚の写真などをUPしています。



セルフダイバー限定グループではございません。

ブログの読者様は是非入会してくださいまし(●´艸`)




まぁ、私的にはセルフダイビングは日本人の造語であると思っています。



buddy diving

が、正しいかと思う今日この頃です。















udon.jpg

香川県に行きますと・・・。


セルフうどん


と、書かれた看板を見かけます。

出汁とか具を自分で入れるシステムになっています。



写真は天ざるうどんです(●´艸`)





継続は弱体でないと証明してみたい





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング
posted by 海底奉行 at 17:08 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする