2022年08月07日

ツバメタナバタウオ(お魚図鑑)

()



日々の学習お魚図鑑です。

毎日1種類のお魚のお名前を覚えましょう。

本日も学習いたしましょう。










img5609 - コピー.JPG

ツバメタナバタウオ

タナバタウオ科ツバメタナバタウオ属。


1属1種の孤高のお魚です。

オンリーワンお魚であります。



暗い岩陰で世を忍ぶように身を寄せています。

沖縄では普通に見かけます。



逆さまでございますね(●´艸`)
















IMG_5610.JPG

ストロボを当てると綺麗な体色です。

オレンジ色と濃紺のコントラストであります。



が、水中で見ると暗い群青色に見えます。


ゆえに皆様スルーしてしまわれる。

暗い魚だと思われる・・・。


悲しみ本線日本海(●´艸`)











IMG_5613.JPG

逆さまに泳ぐのは習性であります。


けっこうな集団を構成することもあります。

体長は4cm程度です。



食用にされることもない。

さりとて観賞用にされることもない。


暗い定めの人生・・・。




と、思っていたところ!


賞魚通販で一匹5990円で販売されています。


アケボノより高いな┌(;゚∀゚;)┐




盛者必衰の悲しい定め





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 17:20 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月02日

ルリヤッコ(お魚図鑑)

()



毎日の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。

本日も学習いたしましょう。










ruriyaltuko.JPG

ルリヤッコ

キンチャクダイ科アブラヤッコ属。

・・・。



もうちょっと前向いてちょうだい(●´艸`)


非常に撮りにくいお魚です。

真栄田岬で撮影しました。











IMG_5240.JPG

警戒心が強くなかなか寄せてくれません。


中々の水割り(●´艸`)



警戒心を解くには心を無にする以外にありません。



撮ってやろう!

と思うと魚は殺気を感じるのです。


人間の脳から微弱な信号が出るのかもしれません。








IMG_5227.JPG

ほら!

警戒心が低下しているように見えます。



撮れなくてもいいもんね〜。

オレはここで泳いでるだけだもんね〜。

君のことなど気にしてないもんね〜。


という気持ちが肝要です。













IMG_5228.JPG

あっщ(`Д´щ)


逃げられた・・・。



なかなかうまくいきません。

中々のお湯割り。


もっと心を無にすることが肝要です。

しかしド派手な体色ですね。



益々精進して頑張っております





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 06:41 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月31日

ルリスズメダイ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日も学習いたしましょう。









IMG_5812.JPG

ルリスズメダイ

スズメダイ科ルリスズメダイ属。



普通中の普通のお魚です。

ザ・普通種であります。


水深30cmぐらいにもいらっしゃる。












IMG_5816.JPG

しかし撮影は困難を極めます。


浅いから超絶撮りづらいのでございます。

しかもルリ色は最も表現が難しいのです。

難易度100です。




15分ぐらい粘着して撮りました。

ガリガリ亡者のように(●´艸`)












IMG_5815.JPG

ヒレが透明ってどう思う?


スケルトンビレ(●´艸`)



どのように表現するべきか非常に悩ましい。


心しずかに手を添えて。

心頭を滅却して無の境地で。


最後はガリガリ亡者です。













IMG_5817.JPG

なんとか図鑑撮りに成功いたしました。

背景が砂泥地で雨天というのが功を奏したようです。

間違っても晴天の日には撮れません。


ハッキリ見ても美しい魚体ですね。

皆さんもチャレンジしてみてください。


威信をかけた再起復活をご祈祷中





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 13:41 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月15日

ハナゴイ(お魚図鑑)

()



日々の学習お魚図鑑です。

素敵なお魚をご紹介しています。

本日も学習いたしましょう。












hanagoi.JPG

ハナゴイ

ハタ科ナガハナダイ属ハナゴイ



全身これパープル( ´,_ゝ`)



非常にピントが合わせにくいお魚です。

図鑑撮りには精進が必要です。














IMG_5424.JPG

雄相に見える個体。


単純に雌から性転換すると思っていたのですが・・・。


ちがうらしい(●´艸`)



そもそも雄の性で生まれて雄のようになる。

そもそも雌の性で生まれて雄のようになる。

そもそも雌の性で生まれて雌のようになる。


ということが確認されているらしい。












hanagoiyg.JPG

超お子♡

かわいい(●´艸`)



お子やハレムの中にいる個体は全て雌ではないのです。


なので雄のように見える個体を、

雄相

雌のように見える個体を、

雌相


いうことになったそうです。


















IMG_0115.JPG

雄相の個体。


威風堂々( ´,_ゝ`)


56歳ぐらいのおさーんですかね。



衰退しています!応援をお願いいたします。





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 05:56 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月20日

エリグロギンポ(お魚図鑑)

()



日々お元気ですか。

お魚図鑑でございます。

面妖なお魚をご紹介しています。











IMG_5642.JPG

エリグロギンポ

イソギンポ科エリグロギンポ属エリグロギンポ

分布 琉球列島 西太平洋熱帯域



一属一種の孤高のお魚です。

沖縄本島で普通に見かけます。









eriguroginnpo.JPG

人間みたい(●´艸`)

よく似た人を知っています・・・。


すわ!モンツキカエルウオか!

と思ってカメラを向けてしまいます。



ある意味こちらのほうがレア魚なんですけどね。


普段はシャイで穴から顔だけを出しています。
















eriguroginpo.JPG

奇跡の図鑑撮り( ´,_ゝ`)



オレの論理で言わせてもらうと。

オレの論理チャップリンで言わせてもらいますと。


「イソギンポ科の方々は繁殖期に大胆になるよね」



人間も同じか・・・。

他のお魚も同じ。













IMG_5656.JPG

風雲急を告げたようです。


またね(●´艸`)



砂辺No2で撮影しました。

ナイチには生息しないようです。


沖縄のお魚はユーモラスで素敵ですね。




ちくとご支援をお願いいたし候





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 21:12 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月19日

アマミスズメダイ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

素敵なお魚をご紹介しています。









IMG_4859.JPG

アマミスズメダイ

スズメダイ科スズメダイ属。


アマミスズメダイのお子です。

先日沖縄本島で撮影しました。


薄暗い所で発光してまことに綺麗です。











IMG_5115.JPG

え〜( ´,_ゝ`)

最近図鑑撮りに凝っております。



頭から尾びれまでハッキリと撮る。

コレがまたなかなか難しい。



スズメダイお子は特に難しい。

ピラピラ泳ぎまくるからです。


カメラで追いかけてもピントが合わないのです。











IMG_5103.JPG

しかしスズメダイのお子は一定のペースでピピッと元の位置に戻るという習性があるため・・・。


パチスロの目押し

の要領でシャッターを押してください。


うまくいきますよ(●´艸`)



※どこかに行っている間はピントを合わせに行かないことが肝要です。












meda.jpg

本種は伊豆半島以南に生息しているようです。

大人になると地味な色になってしまいます。

超絶普通種です。


真栄田あっちゃん岬にわらわらいらっしゃる。


魚肉ソーセージもらってる(●´艸`)




またまた減退してしまいました





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 06:33 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月27日

ツチホゼリ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

お久しぶりのお魚図鑑です。

本日も学習いたしましょう。










tutihozeri.JPG

ツチホゼリ

ハタ科エピネフェルス属ツチホゼリ。


妙な魚がいるなと思って撮りました。

全身ドットコム(●´艸`)



ミーバイ系の顔をしています。

ミーバイジラーです。










tuti-hozeri.JPG

南日本・中西部太平洋に分布しているようです。

沖縄本島北部で撮影いたしました。



本種は海底に穴を掘り巣を作るという説があります。

だからツチホゼリか(●´艸`)



ダイビング中に頻繁に見ることはありません。

かと言って珍しいこともなし。



20cmぐらいですので幼魚であると思います。








tuthihozeri.JPG

食レポを見ると非常に美味しいと書いてあります。

チリ鍋に唐揚げに超絶旨いと書いてあります。



あっ(●´艸`)


食べる話しをしたら逃げて行きました。

捕まらないように元気に大人になってください。






益々の応援をご祈祷しています





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 17:17 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月19日

ウツボ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日も学習いたしましょう。











IMG_0196.jpg

ウツボ

ウツボ科ウツボ属ウツボ。


ウツボの中のウツボ。

ノーマルウツボです。



土佐のいごっそ黒潮育ち!


伊豆で撮りましたが(●´艸`)











IMG_3684.JPG

ウツボはエビと共生します。

エビはウツボの寄生虫を食べる。

ウツボはエビを他の生物から守る。



ウツボはエビを食べない。

まことの男道ですね!


雌かも知れないけど(●´艸`)












3IMG_2569.JPG

ウツボは小型の魚とも共生します。

小型の魚はウツボの寄生虫を食べる。

ウツボは他の生物から小型の魚を守る。



ウツボはこの魚を食べない。

恩義は忘れない。


これは侠ですね。












P1016592.JPG

lookウツボ・・・。

利害関係の無い幼魚もウツボの近くにいます。


ウツボが守ってあげているように見えます。

ウツボの侠気ですかね。


侠としての折り目筋目!

侠客ですね。









IMG_3653.JPG

ウツボはタコやイカを好んで食べるようです。


なので小魚を狙うイカは好餌となる。

ウツボの周囲にいる小魚もウツボにとっては何かメリットがあるのでしょう。


なんだ共生か(●´艸`)




永年読者様にMAX幸運が訪れますように





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 18:22 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月03日

ホムラハゼ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。











homurahaze3.JPG

ホムラハゼ

ハゼ科ホムラハゼ属ホムラハゼ。



見事な色彩でございます。

アートで炎をイメージした作品のようであります。

火焔ボディーアートです。










IMG_2073.JPG

YahooやGoogleで「ホムラハゼ」を検索してください。

上の写真がヒットいたします。


この個体には聡君1号という名前がついています。


水深10mほどの海底で長期間観察できました。

快挙であると思います。


石垣島の野底聡君が発見いたしました。







IMG_1991.JPG

ホムラを撮りやすい位置まで誘導してくれます。

これは指示棒ではなくて針金・・・。


いかにホムラハゼが小さいかわかりますね。



聡君は必ず第二弾が出ます。

出たらみんなで石垣島へ行きましょう。





応援する人に幸がありますように





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 06:27 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月29日

ハナハゼ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日は撮影の苦労も学んでくださいまし。










IMG_2491.JPG

ハナハゼ

クロユリハゼ科クロユリハゼ属。


ま、こんなお魚です。


砂地でよく見かけますが非常に撮りづらい。

満足に撮れたためしがありません。

なのでスルーしがちです。



以下苦労の数々をお伝えいたします。












IMG_2496.JPG

ん〜!


いまいち。

ピントが甘い。












IMG_2507.JPG

うがっ!

砂に・・・。


スナピン(●´艸`)

くやし丸ひろ子です。










IMG_2493.JPG

うっ!

ケツ毛にピントが・・・。


無茶苦茶な写真です。



※ケツ毛ではありません。












IMG_2504.JPG

うがっщ(`Д´щ)



またスナピン!

くやしい。











IMG_2502.JPG

ちょいマシ!


しかしケツ毛が切れています。



※ケツ毛ではなく軟条といいます。











IMG_2500.JPG

おしい!


目のピントが甘い。

あまおう。


ケツ毛も若干切れている。



※軟条は6本あるのが本種の特徴です。











IMG_2514.JPG

プチ良し!


しかし若干不満。


勢いが無い写真です。

くやしい。











IMG_2509 -.JPG

まあ納得。


第一背鰭が開いてないけど・・・。


このように苦労するお魚です。

くやしいからもう撮らない(●´艸`)



苦労は全く報われない昨今





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 19:07 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月25日

コガネスズメダイ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日も学習いたしましょう。











IMG_2534.JPG

コガネスズメダイ

スズメダイ科スズメダイ属。



お子です・・・。


尾ビレ齧られてる(●´艸`)

かわいそうね。










koganesuzumeda.JPG

コガネスズメダイ大人。

全長のMAXは15pほど。



けっこうな大きさです。

食べられるサイズ。


釣れたら供養のために食べてあげましょう。

南日本・沖縄・インドネシアに生息とのことです。











koganesuzumedai.JPG

黄金スズメダイ。

よい名前ですね。



黄金崎で撮影いたしました。

金運がUPするはずです。



僕が一番好きな歌は黄金三星。

りんけんバンドです。




ランキングのダウンが尋常でない





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 17:57 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月24日

ナンヨウハギ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日も学習いたしましょう。












IMG_6704-def71.jpeg


ナンヨウハギ

ニザダイ科ナンヨウハギ属



ドリーちゃんのお子でございます。

かわゆい。

川湯温泉(●´艸`)


1属1種のお魚です。

カワハギ科ではないわけですね。










IMG_6706.JPG

お食事は雑食性だそうです。

海底の生物や藻類も食べます。

陸上の野菜も与えると食べるらしい。



関係ないけど最近僕は物忘れがひどくなっています。


要受診レベル(●´艸`)

え〜と。

ん〜と。



ドリーちゃんは毒があるから触ったらダメです。

尾びれの辺りに毒棘があるらしい。















IMG_6623.jpeg

警戒心が非常に強いお魚です。


少しの刺激でも珊瑚に隠れます。

秒速で隠れます。


ウロコ剥げるよ(●´艸`)












IMG_6241.JPG

二筋琉球雀鯛ちゃんなどと同居しています。


浅い海底にポツンと珊瑚があり。

お魚がキラキラキラ。



昨年ゴリラチョップで撮影しました。






来年は素敵な夏になりますようにご祈祷





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 20:41 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月18日

ベラギンポ属の1種(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。










ryuuguuberaginnpo.JPG

ベラギンポ属の1種

ベラギンポ科ベラギンポ属。


真栄田岬の水深35mで撮影しました。

毎度お馴染みのハゼ場でございます。



しかし・・・。

属の1種ってなんじゃい?


と、思うお方もいらっしゃるかと思います。









IMG_6156.JPG

リュウグウベラギンポだと思ったら違うそうです。


「体側の斑紋が側線下まで明瞭であること、背鰭棘条部に黒色斑がないこと等から和名も学名もない未記載のベラギンポになると思います。この種に関しては高知大学で研究が行われているので、今後の展望に期待ですね。」

Web魚図鑑の Mano_Yu 様に教えていただきました。



高知大学!


がんばってね(●´艸`)



どのようなお名前がつくのでしょうか。

お楽しみであります。












IMG_6154.JPG

非常に俊敏なお魚です。


高速で泳ぎまくること矢の如し。


ピュンピュン丸です(●´艸`)



神出鬼没のため狙って撮ることは不可能だと思います。

底性のハゼを捕食しているハズです。


ヤシャハゼちゃんも食べられているハズ・・・。









websakana.jpg

日々Web魚図鑑さんに投稿させていただいております。

微力ながら魚類分類のお役に立てれば幸いです。


国家社会に貢献する海底奉行を目指しています。



ちょっと目を離すとドーンと低下





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 18:46 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月20日

オキナワベニハゼ近似種(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日も学習いたしましょう。










okinawabe.JPG

オキナワベニハゼ近似種

Trimma sp. 5 Gobiidae


第1背鰭の第2棘が伸びるもの。

のお写真でございます。


オキナワベニハゼと同種か異種かについては意見がわかれているようでございます。












IMG_7938.JPG

第1背鰭の第2棘が伸びていますね。

ビローンと伸びています。



第2背鰭と尾鰭の模様も確認してくださいまし。


魚類写真データベースの Trimma sp. 5 

で間違いないと思います。













okinawabeni.JPG

地味目な写真です。

これも第1背鰭の第2棘が伸びています。



今まで撮りためた膨大な写真。

ボボボーボ・膨大な写真(●´艸`)


整理しているとわらわら出てきます。
















okinawa-benihaze.JPG

ホラー写真!

歯が出てウロコが(●´艸`)



第1背鰭の第2棘が伸びています。

頭部の4本の縞があいまい。

身体がドット模様です。


これら4枚の写真は全て Trimma sp. 5 です。



僕が撮った膨大な写真・・・。

魚類の分類に役立つといいな。



人生は七転び八起き





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 06:07 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月07日

オヨギイソハゼ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

お魚図鑑の連チャン続きであります。






oyogiisohaz.JPG

オヨギイソハゼ
ハゼ科イソハゼ属。



見事な図鑑撮りです。

鰭の条数もカウントできます。

ナイスですねぇ!



自画自賛( ´,_ゝ`)

ガリガリ亡者でございます。












IMG_1197.JPG

あっ!
キイロサンゴハゼちゃんをフクロにしようとしている!


・・・。



そんなことないか(●´艸`)


群れで行動するタイプのお魚です。

名前のとおりよく泳ぎます。











IMG_0908.JPG

体長は3cm程です。

石垣島で撮影しました。


ドームポート目のピントがあまい。

あまか棒でございます。


そんなのないか(●´艸`)




どん詰まり解消で明日への希望を





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 21:20 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月27日

ハイブリッドネジリン(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。












_photos_uncategorized_2013_12_17_img_0913.jpg

ネジリンボウ

ハゼ科ネジリンボウ属。


総本山ネジリンボウ。

なんだか威厳がありますね。



次の次の壱萬円札にどうかな?

やもめのジョナサンがトラックアートに。



ジョナサン知りませんかな(●´艸`)













IMG_6581.JPG

真栄田岬のハゼ場で撮影いたしました。

謎のネジリンボウ。



ヒレナガネジリンボウの特徴が多いと思います。

が、ヒレが短い!


単に欠損してしまっただけなのかしら?













_photos_uncategorized_2013_12_21_img_0891.jpg

スタンダードなヒレナガネジリンボウ。

ハゼ科ネジリンボウ属。



第1背鰭が長いからわかりやすいですね。

鰭の長いネジリンボウです。


黒くて長いのが特徴的です。










IMG_6596.JPG

真栄田岬の謎のネジリンボウ。


鰭が黒くなくて短い。

ネジリンボウ+ヒレナガネジリンボウなのかしら。


けっこう見かけるけどどうなんでしょう。


教えてルナ先生(●´艸`)



ヘビーローテーション!蛇テンション下がる!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 16:20 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月25日

ウチワフグ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖な魚類をご紹介しています。














utiwahugu.JPG

ウチワフグ

ウチワフグ科ウチワフグ属。


これまた面妖な(●´艸`)



お魚図鑑初の陸上写真です。

沖縄本島崎本部のゴリラチョップの海岸に打ち上げられていました。











utiwafugu.JPG

すでにお亡くなりになっていました。


故ウチワフグ(●´艸`)

・・・。



活きて泳いでいるお姿を撮ったらMAXスなクープ写真になったであろうかと思います。
水深100m以深が棲息域の深海魚だからです。


もう少し遅くEXしたらよかった。

実におしい。










utiwahug.JPG

かなりレアなお魚のようであります。

※沖釣りをする海人は釣れたら食べるらしい。


ウチワフグは普通のフグのように膨らんで威嚇するのではなく、扇子のようにビラっと腹膜の模様を見せて威嚇するらしい。


逆ニチリンダテハゼ的(●´艸`)
















IMG_6813.jpg

沖縄本島恐るべし。

ゴリラチョップ恐るべし。

色んな生物がいらっしゃいます。



しかし扇子のようにビラっと開くならお名前はセンスフグがよかったかもね。

ハイヤセンスルユイヤナ〜。


もうダメ!崖っぷちのポニョ!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 05:33 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月22日

スミレナガハナダイ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。











sumirenagahanagdai.JPG

スミレナガハナダイ

ハタ科ナガハナダイ属。


見事な図鑑撮りです。

ナイスですねぇ(●´艸`)



雄のように見える個体を雄相というそうです。












IMG_0711.jpg

お子もしくは雌相の個体です。


ただ必ずしも雌とは限らないとの事であります。

幼魚の時は未発達な卵巣と精巣を合わせ持っているらしい。



精巣が発達して雄になってもお姿は雌相のままの場合もあり。

見た目は相であり雌雄の判断にはならないのです。













109377.jpg

雌相から雄相へ変化中と思われる個体です。

一次雄といって最初から雄だった可能性もあり。


単に雄がハーレムを作り雄がいなくなると雌が雄に変化すると思っていましたが、どうも違うようです。



う〜ん!

複雑怪奇


平沼内閣総辞職(●´艸`)



どんどん衰退中!祇園精舎の鐘の声!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 05:37 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月20日

図鑑撮り(お魚図鑑)


()



日々お元気ですか。

海に行けない悲しい毎日です。

過去に撮りためた膨大な写真をWeb魚図鑑さんにUPして自分を慰めています。












gomamongara.JPG


IMG_0277.JPG


IMG_5479.JPG


IMG_1710.JPG


houraihimeji.JPG


IMG_0730.JPG


monnkikinntyakuhugu.JPG


IMG_9207.JPG


sedakaginpo.JPG

図鑑撮り

っていうのは・・・。



ちょっと小馬鹿にされるイメージですがね。


なかなか難しいね( ´,_ゝ`)




いつも背水の陣!ギリギリガールズ!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation


buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 19:14 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月17日

コバンザメ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。











IMG_6685.JPG

コバンザメ

コバンザメ科コバンザメ属



進化の過程で頭に吸盤ができちゃった。


ダーウィン先生!

コレはMAXスゴいことでございますね。













IMG_6681.JPG

「大型魚類のおこぼれにあずかる」

というような事が文献に書かれています。


マンタの鰓から食べ残しが出るのでしょうか。



何も得られないような気がします・・・。

マンタがプランクトンを食べてしまうからです。











IMG_4038.JPG

マジ卍( ´,_ゝ`)


これは・・・。



ウンチだって大切なご飯です。


ご飯ではないな(●´艸`)

大切な餌です。



マンタのフンには多大な栄養が残っているのでしょう。

しかし呼吸は大丈夫なのかしら?





たまには応援してやってくださいまし





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 06:12 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月08日

ベニハゼ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

お役に立つ情報発信を心掛けています。













benihaze.jpg

ベニハゼ

ハゼ科ベニハゼ属


総本家別格総本山ベニハゼです。

知る人ぞ知る真のベニハゼでございます。


モノホンのベニハゼです。


ま、ノーマルベニハゼです(●´艸`)

産卵前のようですね。











beni-haze.jpg

お身体は鮮明な赤色と青みがかった白色です。

近似種のオキナワベニハゼとは若干異なります。



ベニハゼの仲間はspが多く分類は難解です。

難解電鉄高石駅(●´艸`)



同定するのは非常に難しいのであります。












tigobenihaze.jpg

ノーマルベニハゼはチゴベニハゼと混同されやすい。


混同まさひこ(●´艸`)

・・・。



肉眼ではほとんど見分けがつきません。


強いて言えばチゴベニハゼは顔が青い。

デスラー総統のような顔色です。



※最後の写真はチゴベニハゼです。





参考になりましたらご支援お願い致し候





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 19:33 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月06日

ミナミフトスジイシモチ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑であります。

本日も面妖なお魚をご紹介いたします。












minamihutosujiishimoti.JPG

ミナミフトスジイシモチ

テンジクダイ科スジイシモチ属


真栄田あっちゃん岬で撮影いたしました。

わくわく亜熱帯あっちゃん岬。



南太筋石持です。


南方系のお魚ですかね。












minamihutosujiisimoti.JPG

分布:神奈川県以南と書いてあります・・・。


な〜んだ。

ナイチにもいるのか(●´艸`)



ま、がっかりすることはありません。


海はつながっておるのです。

それはそれで素敵なことでございます。












IMG_9152.JPG

お約束のfish-eyeドームポート目。


し、失敗(●´艸`)

くやし丸ひろ子でございます。



早く沖縄に行って写真を撮りたい今日この頃です。




青田赤道のように応援してくださいましね





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 11:22 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月26日

ヌリワケカワハギ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。












IMG_8420.JPG

ヌリワケカワハギ

カワハギ科ニシキカワハギ属



ハッキリと塗り分けられています。

お見事(●´艸`)


紺色とオレンジ色でしょうか。

昔々の阪神電車の普通カラーみたいです。
















IMG_8421.JPG

カワハギの仲間はヌメりが無いのですが・・・。


MAX無さそう。


お肌ガサガサ!

コエンザイムQ10とプラセンタを注入しよう。


パイナップル豆乳ローションも塗るとよいね。

・・・。


あれはムダ毛用か(●´艸`)











IMG_8422.JPG

ペアでいちゃついていました。

真栄田岬でたまに見かけます。


警戒心が強くなかなか寄せてくれません。


だからピンボケなのよね(●´艸`)




一生懸命に頑張っております





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 19:41 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月23日

オキナワサンゴアマダイ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

先日ウソを教えてしまいましたが頑張ります。











IMG_3062.JPG

オキナワサンゴアマダイ

キツネアマダイ科サンゴアマダイ属



見事な!

ピンボケ。



これは情けない。

情けなくって涙が出てくる。


あばれはっちゃくです(●´艸`)
















okinawasanngoamadai.JPG

いにしえの昔にホーシューで撮影しました。

水深は45mです。


2本目でたまたま見つけたので急いで恩納潜水に3本目を借りに行きました。



初めて見てその後は見ていません。


まことの一期一会( ´,_ゝ`)











IMG_3054.JPG

姿勢が悪い。

うつむき加減。

ぼーっとしている。


オレか┌(;゚∀゚;)┐




実は全ての写真がピンボケか青かぶりです。

難しいお魚であります。



まだまだ頑張るコトにしました





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 15:41 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月16日

修正について(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日はお詫びと訂正であります。












IMG_8243.JPG

先日このお魚をホンソメワケベラとご紹介しましたが正しくはニセクロスジギンポであります。

ごめんなさい・・・。



イソギンポ科クロスジギンポ属のお魚です。

ホンソメワケベラに擬態しており他の魚の鱗などを齧って食べるようです。


※web魚図鑑の先輩からご指摘をいただきました。











_photos_uncategorized_2015_06_19_img_1108-f9a97.jpg

ホンソメワケベラはこちらになります。

口の形状がおちょぼ口ですね。



海底奉行もまだまだ尻が青い。

海のように尻が青い。

青尻奉行でございます(●´艸`)



しかも過去のお魚図鑑で同種をご紹介しています。











honnsomewakebera.JPG

このお子はホンソメワケベラです。


Not お母さん。

・・・。


自分の仲間に擬態するチョイ悪魚のクリーニングをしてあげています。

けなげな(●´艸`)











IMG_7833.jpeg

さらに先日このお魚をスカシテンジクダイとご紹介しましたが正しくはシンゲツスカシテンジクダイであります。

ごめんなさい・・・。



2018年に新種となったようです。

う〜ん。


複雑怪奇

平沼内閣総辞職ということに相成りました。


相成りなりませんか(●´艸`)




※これもweb魚図鑑の先輩にご教示いただきました。





没落の危機!ドラゴン危機一髪!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 13:30 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月08日

シモフリタナバタウオ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。












shimohuritanabata.jpg

シモフリタナバタウオ

タナバタウオ科シモフリタナバタウオ属



砂辺で撮影しました。

・・・。


ちょっと(●´艸`)

出できてちょうだい。











simohuritanabatauo.JPG

かなりシャイなお魚です。

おそらく夜行性であると思われます。


昼間見ると目立ちますよね。

かなり派手目ですね。











shimohuritanabatauo.JPG

目の位置を擬態しています。

目がどこだかわかりませーん。


ぬーがぬーやらむるわからん

ぬーがなとーらむるわからん



敵の攻撃を欺くためですね。











simohuritanabata.jpg

E⚡YAZAWA


いきなりポージングです。

シャイじゃないのかな(●´艸`)





ためになったら押してちょうだいね〜





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 17:01 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月25日

ホシカゲアゴアマダイ(お魚図鑑)

()



日々お元気ですか。

お魚図鑑でございます。

面妖なお魚をご紹介しています。












hoshikageagoamadai.jpg

ホシカゲアゴアマダイ

アゴアマダイ科アゴアマダイ属。


2018年に標準和名がついて再分類されました。

それまでダイバー的にはジョーフィッシュとしてひとくくりに紹介されておったのです。


十把一絡げ(●´艸`)












hosikageagoamada.jpg

本種は同属の中でも著しく根性があります。

リングアイジョーフィッシュ(メガネアゴアマダイ)と比較すると非常にアクティブです。


イエロージョー(本種)は根性がすわっている。


多数の観察者がブログ等で報告していました。



黄色いからぴょん吉ちゃんのように根性があるのだと思います。













hosikageagoama.jpg

石垣島で見た彼は人の手からエサをもらっていました。

警戒心がほとんどない感じです。


最北では串本で本種を見ました。

やはりアクティブな性格をしていました。





応援してください!僕もアクティブにいきたい!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 05:05 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月21日

テングハギモドキ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

お魚図鑑でございます。

日々学習いたしましょう。




IMG_8029.JPG

テングハギモドキ

テングハギ属テングハギモドキ



ゴリラチョップの丸お子のお名前がわかりました。


よかったですね(●´艸`)



ひとりぼっちで海底にじっとしていました。


群れからはぐれたのでしょう。












IMG_8040.JPG

おシッポ齧られてる(●´艸`)

かわいそう・・・。



海の中は綺麗に見えて弱肉強食の世界です。


食べられませんように。

無事仲間のところに戻れることを祈っています。











IMG_8023.JPG

今は小さいけど60cmぐらいまで成長します。

顔つきも精悍になり長い魚になります。



かわいさはなくなる(●´艸`)

お魚も動物もお子はかわいいですね。



また順位がやられちゃってます





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 09:26 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月08日

スズメダイモドキ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日も学習いたしましょう。












IMG_1210.JPG

スズメダイモドキ

スズメダイ科スズメダイモドキ属


1属1種のお魚です。

クロスズメダイによく似ています。


よく分類できましたねぇ・・・。

学者先生あっぱれあっぱれ。



いつもWEB魚図鑑さんにお世話になっています。

的確に同定していただけるので感謝しています。















IMG_1216.JPG

こっち向いてちょうだい(●´艸`)


スズメダイと比べるとウロコが大きいように思います。

普通のスズメダイに無いオーラも感じます。


そして顔が少し黄色い。

これは興奮しているとか緊張しているとか精神的な作用によるらしいのです。


人間みたいですね。











IMG_1217.JPG

超黄色くなった┌(;゚∀゚;)┐

激おこみたい。


近寄ったからかな・・・。

ごめんごめん。





ちょっぴり回復の兆し!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 18:19 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月14日

イソギンポ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。












IMG_9535.JPG

イソギンポ

イソギンポ科イソギンポ属。



ナント!

大阪湾在住のイソギンポです。



水質により視界は50cm以下であります。











IMG_9540.JPG

コラ〜っ!


怒っています(●´艸`)



有史以来人間が海に糞尿を垂れ流すこと幾星霜。

糞尿だけならまだしも、カドミウムなどのえげつない化学物質もデロデロと垂れ流すこと幾星霜。




結果としてヘドロの海と化した!


耐えがたきを耐え。忍びがたきを忍び。

そして彼はどんな汚い海でも生きられるよう進化した。



不死身のイソギンポ様


不動明王像の火炎のようにメラメラと怒りの炎をあげておるわ!





















IMG_9522.JPG

あっ!

出てきました・・・。



けっこう太っていますね。


ムチムチしています(●´艸`)



栄養状態は良い環境のようです。











IMG_9515.JPG

人類の経済発展の終焉はどこにあるのか。


環境汚染による滅亡か。

富を奪い合う世界戦争か。



欲を捨て自然と共存できないなら二択しかない。



海底奉行もそろそろ滅亡か





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 12:57 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする