2020年07月07日

キオネミクティス・ルメンガニイ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。












IMG_0696.JPG

キオネミクティス・ルメンガニイ

トゲウオ目ヨウジウオ科


・・・。





清美テクニシャン・メンガテー

と覚える。




まちがい(●´艸`)




※メンガテー=石垣島のおでん処












IMG_0688.JPG

学名 Kyonemichthys rumengani


海底の沈殿物に擬態しておるようです。



イラブチャーの糞などですね(●´艸`)

・・・。




砂辺NO1で撮影いたしました。


標準和名は今のところついていないようです。

沖縄本島では通称でピグミーシードラゴンと呼ばれていました。













IMG_0697.JPG

後ろお姿



沖縄本島で多々確認されているのでそのうち和名がつくことでしょう。

和名は日本魚類学会の標準和名検討委員会で決定されるようです。




見つけていただいたドクターひ〜さん。


お元気にしていらっしゃるでしょうか(●´艸`)



その節はありがとうございました。





仏恥義理トップでおねしゃす!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 21:13 | Comment(2) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

ナマズ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

今回はなんと淡水魚のご紹介です。












_photos_uncategorized_2016_08_11_img_1332.jpg

マナマズ

ナマズ目ナマズ科ナマズ属。



鯰です。


川に潜水して撮影しました。




河川奉行(●´艸`)

リバー奉行でございます。











_photos_uncategorized_2016_08_11_img_1326.jpg

ナマズに威嚇された!

・・・。




情けない(●´艸`)

これは情けない。



人間の尊厳がボロボロです。

ボロボロジューシーでございます。




ま、ちょっと寄り過ぎたようです。












_photos_uncategorized_2016_08_11_img_1336.jpg

歯が1本も無いのかと思ったらいっぱいあり。


鮫のような歯並びです。

シャーク的ですね。


カエルなどを捕食しているようです。




鼻の穴の横から突然ヒゲが生えています。

ヒゲはアンテナというか目の役割をします。



目が小さいから(●´艸`)

ものすごく離れてるから。












_photos_uncategorized_2016_08_11_p1010999.jpg

3年前の8月に和歌山の日置川で撮影しました。


清く正しい日本の夏。

待ち遠しい夏。



強烈な紫外線でCovid‐19を撃退してほしいものです。





やる気スイッチで更新頻度UP!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 18:48 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

カガミチョウチョウウオ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

1日1種類お魚の名前を覚えましょう。











IMG_3167.JPG

カガミチョウチョウウオ

チョウチョウウオ科チョウチョウウオ属。



非カラフルなチョウチョウウオです。


鮒みたい(●´艸`)

ターイユです。



本種は一番地味なチョウチョウウオといわれています。











IMG_3164.JPG

沖縄本島で多く見かけます。

熱帯から亜熱帯にかけて多く生息するお魚です。



真栄田あつ子岬でもよく見かけます。


が、大多数の人はスルーします。

あまりカメラを向けることもありません。



地味

ということが人の興味をそんなに失わせるのか。

・・・。



地味でも真面目にコツコツやってるのに。

とやかく言わないでくださいっ!



言われてないか(●´艸`)











IMG_3162.JPG

お食事中です。

ポリプを食べているのだと思います。



実はチョウチョウウオの仲間はおいしいらしい。

非常に美味だという人もいらっしゃる。



まあ魚は派手より地味がうまそう(●´艸`)



順位転落餅ベーションだだ下がり





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 21:04 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

スジアラ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑でございます。

素敵なお魚をご紹介しています。












IMG_9348.jpeg

スジアラ

ハタ科スジアラ属スジアラ


沖縄名はアカジンミーバイです。




アカジンミーバイ(スジアラ)
アカマチ(ハマダイ)
マクブ(シロクラベラ)

沖縄県三大高級魚筆頭でございます。




写真が非常にショボい(●´艸`)

警戒心が強く非常に寄りにくいお魚だからです。













IMG_6940.JPG

かなり寄れました。

寄り寄りです。



串本のアカジンですが(●´艸`)


沖縄ではなかなか寄れません。

ナイチのアカジンは警戒心が薄いのでしょうか。













_photos_uncategorized_2013_05_17_p1011157_2.jpg

ありし日の旧牧志公設市場でございます。


アカジンは末端価格的にも最高級です。

アカマチは結構安いですね。




高級魚高い順番に・・・。

アカジンミーバイ
マクブ
イラブチャー(ナンヨウブダイ)
アバサー(ハリセンボン)
アカマチ


グラム単価的にはイラブチャーがのほうが高い。











_photos_uncategorized_2015_07_12_p1018241.jpg

変わり果てたお姿に(●´艸`)


しかし旨い・・・。

クエの仲間だから旨くて当たり前か。



食べてゴメンねアカジンちゃん!


味噌汁に入れるのが最高です。



参考になりましたらPUSHしてくださいましね





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 21:26 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

ミスジスズメダイ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日も学習いたしましょう。












IMG_9504.JPG

ミスジスズメダイ

スズメダイ科ルリスズメダイ属。



地味ですな。

喪中みたい。

普通種かな。


と、思ったお方・・・。



あまおう(●´艸`)

博多あまおう。











IMG_9513.JPG

ドームポート目ならず・・・。


くやしい(●´艸`)

くやし丸ひろ子。



非常にシャイで撮影困難なお魚です。


しかも水深は35mであります。

5分程度しか滞在できない水深です。












IMG_7558.JPG

本種は真栄田あっちゃんのハゼ場で撮りました。


付近にレア魚がわらわらいらっしゃる。

ヤシャハゼ・ホタテツノハゼなど目白押しです。


普通はこちらを撮りますよね。

ガリガリ亡者のように( ´,_ゝ`)



スズメダイに粘るなど酔狂の極みです。












IMG_9507.JPG

寄り寄りに寄って鱗アップ。


体長4pほどの小さなお魚です。

観察例は少なく狙って潜る人もいません。



なにより写真が撮りづらいお魚であります。

ある意味究極のレア魚ではないかと思います。



クリック激減で風前のともし火





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 15:12 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

オハグロベラ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日も学習いたしましょう。












IMG_7108.JPG

オハグロベラ

オハグロベラ属オハグロベラ。


西日本の日本海側で多く見かけます。



写真は雄になりかけの雌の個体であると思われます。

本種は雌から雄へと性転換をいたします。


魚類では性転換は頻繁に見られます。











IMG_7115.JPG

歯は全然黒くない!


お歯は全く黒くない(●´艸`)



むしろ白い。

普通の歯ですね。


お歯黒ではありません。












IMG_1523.JPG

成熟した雄の個体


ガングロになりました(●´艸`)

ガングロベラです。



しかしお歯は黒くありません。

普通の白い歯をしています。












IMG_7197.JPG

雌と思われる個体


ま、名前の由来はおいといて・・・。

一旦産卵を終えた雌が雄になるようです。

本種は今のところ確定した分類はされておらず沖縄には亜種が存在するようです。





ためになりましたらプッシュお願いね





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 22:06 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

ツインスポットゴビー(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。












_photos_uncategorized_2015_01_28_img_1174.jpg

ツインスポットゴビー

お食事中です。



カニハゼじゃないのか?

と思いますよね。


実は本種は日本に生息していないため標準和名がついておりません。

カニハゼはあだ名だったわけです。











_photos_uncategorized_2015_01_28_img_1168.jpg

有機物を鰓でこしとって食べます。

・・・。



カニよりカエルに見えませんか?


カエルハゼです。

ゲロゲーロカエルハゼ。

・・・。




名前って難しいですよね。


スキューバなのか?

スクーバなのか?


アボガドなのか?

アボカドなのか?



アタイにはわかりません(●´艸`)




※スクーバ・アボカドらしいです。












_photos_uncategorized_2015_01_28_img_1232.jpg

お約束のドームポート目

非常におとなしいお魚です。


柔和な顔をしています。

警戒心もおそろかです。


将来大丈夫か・・・。






クリック減って栗拾いに行く





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング


posted by 海底奉行 at 19:51 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

魚種同定(お魚図鑑)

()



日々お元気ですか。

魚類の学習お魚図鑑でございます。

本日はPRと魚種の同定についてお伝えいたします。












IMG_568.JPG

え〜( ´,_ゝ`)


まず、本ブログのカテゴリにあります「お魚図鑑」につきましては、長年にわたる継続により閲覧が非常に困難な状況になっております。

魚種を検索するには「海底奉行−シコンハタタテハゼ」と入力して検索する以外に方法がありません。


ちょっと面倒ですね・・・。















IMG_5509-ec7b0.jpeg

そこでWEB魚図鑑さんに投稿することになりました。



すでに多数の魚種を投稿しています。

分類が細やかで非常に便利です。


お魚の同定に是非お役立てください。


童貞とちがうよ(●´艸`)




※ 同定=同一であると見きわめること。 生物の分類上の所属や種名を決定すること。











IMG_0184.JPG

さらに!


インスタグラムにも投稿しています。

・・・。


フォロワーは少ないです(●´艸`)




インスタ映え無関係のお魚の写真です。

しかし魚種の同定にはお役に立てるかと思います。















IMG_3532.JPG

さらに!


フェイスブックで日本セルフダイビング協会というグループも管理しております。

ダイビングの情報やお魚の写真などをUPしています。



セルフダイバー限定グループではございません。

ブログの読者様は是非入会してくださいまし(●´艸`)




まぁ、私的にはセルフダイビングは日本人の造語であると思っています。



buddy diving

が、正しいかと思う今日この頃です。















udon.jpg

香川県に行きますと・・・。


セルフうどん


と、書かれた看板を見かけます。

出汁とか具を自分で入れるシステムになっています。



写真は天ざるうどんです(●´艸`)





継続は弱体でないと証明してみたい





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation

buddy diving バディーダイビング
posted by 海底奉行 at 17:08 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

クロスズメダイ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日もお勉強をいたしましょう。










IMG_3892.JPG

クロスズメダイ

・・・。


全然黒くない。

ほとんど黒いところがない。


詐欺か(●´艸`)










IMG_3897.JPG

実はこの個体は幼魚なのであります。


大人になると真っ黒になります。

余すところなく真っ黒になりお見事です。


そして少々狂暴になります。

時々フィンなどを噛んでくるのは本種です。



急に襲ってくるので驚きますね。

ビックリ仰天(●´艸`)

カエルも仰向け。










IMG_3895.JPG

ちょっと甘いドームポート目。


昔は幼魚と成魚が別名で登録されていました。

異種だと思われておったわけです。

あまりにも違うからね(●´艸`)



沖縄の海でよく見かけます。

撮影地は真栄田岬です。



クリック増でメンタルも回復





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation



posted by 海底奉行 at 20:37 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

マンジュウイシモチ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

漢字ドリルのように学習してください。









IMG_6334.JPG

マンジュウイシモチ

テンジクダイ科マンジュウイシモチ属。




饅頭

・・・。

饅頭感ゼロでございます( ´,_ゝ`)


違和感を覚えるネーミングですね。











IMG_6360.JPG

お子の個体です。

小学校3年生ぐらいでしょうか。



本種はイチゴパンツというあだ名があります。

下半身の体色を指しているのだと思います。


が!

苺は赤色に黒のつぶつぶです。

スイカもしかり。


そのような色のフルーツを強いてあげるならドラゴンフルーツの白バージョンを真っぷたつにするしかないのであります。

・・・。


ま、どうでもいいけど(●´艸`)











IMG_6361.JPG

お約束のドームポート目。


何の魚かよくわかりません(●´艸`)

ぬーがぬーやらむるわからん。



熱帯魚屋さんの末端価格は1000円程度です。

ダイバー的には珍しいのになぁ・・・。




3位の恐怖!衰退の危機!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation



posted by 海底奉行 at 20:54 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

セジロクマノミ(お魚図鑑)

()



日々の学習お魚図鑑です。

お魚のお名前を覚えましょう。

本日も学びましょう。










IMG_3523.jpg

セジロクマノミ


読んで字の如し。

覚えやすいお名前ですね。


背中が白いクマノミちゃんです。


ジャージみたい(●´艸`)










IMG_3530.JPG

日本在住のクマノミは以下の6種類になります。


ノーマルクマノミ

ハナビラクマノミ

ハマクマノミ

カクレクマノミ

トウアカクマノミ

セジロクマノミ


レアな順に並べました。


トウアカクマノミが一番レアだというご意見もあろうかと思いますが・・・。



ご意見無用( ´,_ゝ`)

トラック野郎一番星です。










IMG_3527.JPG

クチビルにもジャージラインがあります。

ペンキで適当に塗ったみたい(●´艸`)


ちょっと雑な塗装ですね。

ガタガタになっています。



しかしお魚はタラコクチビルが多いですよね。

ほとんどがオバQクチビルです。












_photos_uncategorized_2013_11_26_p1013482.jpg

こちらは熱帯在住のスカンクアネモネフィッシュです。

セジロクマノミと比較されることが多いです。



クチビルにジャージラインなし。

ジャージラインも細めで控えめ。



セジロクマノミのほうがスカンク度が高いと思います。



ずっと2位!マークUグランデ!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation



posted by 海底奉行 at 15:58 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

スミツキアトヒキテンジクダイ(お魚図鑑)

()



日々の学習お魚図鑑です。

本日もお魚のお名前を覚えましょう。

毎日学習いたしましょう。










IMG_0219.JPG

スミツキアトヒキテンジクダイ

テンジクダイ科アトヒキテンジクダイ属。



漢字で書くと墨付後引天竺鯛。

・・・。




長い(●´艸`)


全く覚えられない。











IMG_0217.JPG

美しい体色とシルエットです。

川魚のオイカワに似ていますね。


浅い岩礁に群れで棲息しています。

沖縄県沿岸では普通に見かけます。



しかし・・・。


テンジクダイ科の魚類は死ぬほど多いです。

全種覚えることはマニア以外は難しいでしょう。











_photos_uncategorized_2013_03_26_img_5971.jpg

イエローカーディナルフィッシュ


サイパン産です。

目のあたりが似ていますね。


外国種も含めるとさらに多属多種となり覚えるのがえげつなく困難となります。


ま、口内保育がテンジクダイ科の共通点でしょう。



※イエローカーディナルは小笠原にも棲息しているため外国種ではありません。










IMG_0218.JPG

お約束のドームポート目。


目元口元の発光はバクテリアによるものでしょうか。

非常に美しいです。


お金と時間があればテンジクダイ科をフルコンプリートしてみたいものです。



またまた転落!餅ベーダウン





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation



posted by 海底奉行 at 18:39 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

ヒレナガスズメダイ(お魚図鑑)

()



日々の学習お魚図鑑です。

お久しぶりですね。

1日1種お魚のお名前を覚えましょう。









IMG_5169.JPG

海底で写真を撮っていますとね・・・。


ブルブル!ブルブル!

なにごと(●´艸`)



お魚がフィンなどを攻撃してきます。

びっくらポンになり心臓がでんぐり返ります。










IMG_5165.JPG

ヒレナガスズメダイ

スズメダイ科ヒレナガスズメダイ属



縄張り意識が強く攻撃的な性格です。

人間でいうと協調性が無く速攻でブチ切れる奴・・・。



ま、そこまで悪くはないですね。

単に棲みかを守っているだけでしょう。


しかし地味な体色ですね。

いっぱいいるのにスルーされがちです。


ヒレナガなのにヒレもそんなに長くない。










_photos_uncategorized_2013_10_22_img_0624.jpg

が、お子は阪神タイガース!


全然違いますね(●´艸`)


極端過ぎです。

えげつない警戒色をしています。


どのような経過で変化するのかしら。










IMG_5167.JPG

お約束のフィッシュアイドームポート目。


沖縄本島ではどこでも見かけます。

地味なお魚代表格です。


成魚が阪神色だったら人気が出たかもしれません。



ためになったらPUSHお願い





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation



posted by 海底奉行 at 19:05 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

ベンケイハゼ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日もお勉強いたしましょう。










IMG_3557.JPG

ベンケイハゼ


ハゼ科イレズミハゼ属。

ノーマルベンケイちゃんでこざいます。



口角が下がって超絶ヘの字口。

かわいらしいですね。



先日沖縄で初めて見ました。

お初天神であります。











_photos_uncategorized_2015_12_18_img_4925.jpg



こちらは柏島周辺で多く見かけるタイプです。

・・・。



ほとんど同じですよね(●´艸`)




しかしナントこちらは2010年新種登録です。

ノーマルベンケイちゃんから独立したわけです。


ま、キツネメネジリンのような柏島固有種的な感じでしょうか。













IMG_3561.JPG

ノーマルベンケイハゼちゃん下半身。


顔の模様がそのまま全身に尾鰭までつづきます。


ノーマルですね。

プレーンですね。

スタンダードですね。









_photos_uncategorized_2015_12_18_img_53891.jpg

こちらはコクテンベンケイハゼちゃん。

黒点と尾鰭の白い縁取りがあります。


顕著な違いはここだけでしょう。



ま、第一背鰭にも黒点があるらしいですが・・・。


撮れてないですな(●´艸`)












IMG_3557.JPG

_photos_uncategorized_2015_12_18_img_4925.jpg

上ノーマル。

下コクテン。



しかしなぜベンケイというネーミングなのか?

武蔵坊弁慶 はスキンヘッドで髭面とされています。


全然ちがう(●´艸`)


口角が下がってへの字口だったのかしら・・・。




クリックは学習の証です





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation



posted by 海底奉行 at 20:29 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

タテスジハタ (お魚図鑑)

()



日々お元気ですか。

久々のお魚図鑑でございます。

面妖なお魚をご紹介しています。












IMG_0785.JPG

むむむむ!


こ、これは(●´艸`)



見たことがないお魚です。


体型からハタ科(クエの仲間)であることがわかります。

ミーバイの仲間です。


珍しいミーバイ。

みんだしみーばいでございます。













IMG_0784.JPG

タテスジハタ

ハタ科タテスジハタ属タテスジハタ。


初めて見ました。

お初天神お魚です。



石垣島近海で撮影いたしました。

1属1種の特殊なお魚であります。


かの地では普通に見られるのでしょうか。











IMG_0791.JPG

お約束の真正面ドームポート目です。

100mmレンズで30cm程の魚を撮っています。



青かぶりだっちゃ!

全ての写真が青かぶりですね。


ラムちゃん風に言ってみました(●´艸`)


暑さで脳がちょっと・・・。




クリック夏枯れ!ショボボボボ〜ン





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation



posted by 海底奉行 at 19:47 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

ピグミーシードラゴン(お魚図鑑)


()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

面妖なお魚をご紹介しています。










IMG_0696.JPG

ピグミーシードラゴン

トゲウオ目ヨウジウオ科



学名 Kyonemichthys rumengani

キオネミクティス・ルメンガニィ


石垣島にメンガテーというおでん屋さんがある。



スルーしてください・・・。






砂辺NO1で撮影しました。

厳密にいうとMAXエアの横の自動販売機から60mほどのところで撮影しました。



全然厳密じゃない・・・。

非厳密(●´艸`)












IMG_0691.JPG

どこ???


ピントが合わない。

カメラが古い。

肉眼で見えない。

老眼がすすんでいる。


くやしい(●´艸`)



最盛期のMAXお奉行は遠い昔・・・。











IMG_0689.JPG

あっ!

まだピントが全く・・・。




指示棒と比較してください


イラブチャーのフンみたい(●´艸`)




どのように遺伝子の継承をしてこのようなお姿になったのでしょうか。

人間と同じ脊椎動物であります。













IMG_0692.JPG

海底の沈殿物に擬態しているのでしょう。


バレないように

見つからないように


イラブチャーのフンと思われても(●´艸`)


生物として生き残っているから擬態成功です!




魚類史上最強だったメガロドンは滅びました。

派手でデカくても考え方が甘いと滅びる。


それは生物の宿命なのかもしれません。






※メガロドンはその後の鮫類に姿を変えた可能性があります。






がんばるからPUSHUしてね!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation



posted by 海底奉行 at 21:17 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

メラネシアンアンティアス(お魚図鑑)

()


お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日も学力の向上に努めましょう。











IMG_7145.JPG

メラニン色素はシミの原因

加齢と共に増えるシミ・・・。



関係ない┌(;゚∀゚;)┐

・・・。





沖縄の海


美しいですね。

碧い海の色に赤や黄色のお魚が映えます。













IMG_6735.JPG

キンギョハナダイお子

かわいいですね。



群れの主たる黄色お魚はキンギョハナダイちゃんです。

沖縄県在住のお魚です。



アイラインがパープルで素敵♥

パープルタウン八神純子!

紫に煙る夜明け。

・・・。




か、関係ないか┌(;゚∀゚;)┐















IMG_1750.JPG

ま、そんなキンギョハナダイちゃんですが・・・。

パープルじゃないアイラインのお方もいらっしゃる。


これはメラネシアンアンティアス

というお名前です。



基本的にフィジーやパラオ・バヌアツなど西太平洋在住のお魚であります。



行ったことないけど(●´艸`)

くやしいけど・・・。




ま、フィリピンでもいっぱい見かけます。

















IMG_5479.JPG

オスの個体


キンギョハナダイの亜種ですね。

違いはアイラインが黄色いだけ。

南洋バージョンともいえます。



しかし沖縄で見かけるということは無効分散か?


いわゆる死滅回遊というものかもしれません。











_photos_uncategorized_2016_07_13_img_0020.jpg

ハタ科ナガハナダイ属キンギョハナダイ


これはスミレナガハナダイの雌です。

かなり似ていますね。


同じナガハナダイ属です。

性転換するところも同じです。


ま、スミレナガハナダイの雄は模様が断トツに特徴的ですが・・・。












P1011065.JPG

学名は Pseudanthias huchtii


メラネシアンアンティアスは標準和名なのか?

日本で繁殖が確認できないから仮名なのか?



アディオスセニョリータ
by柳ジョージ

みたいなもんか?

・・・。



全然関係ないか┌(;゚∀゚;)┐






ためにならなくてもクリックぽん!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation



posted by 海底奉行 at 21:29 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

カスリヘビギンポ(お魚図鑑)

()



日々お元気ですか。

お久しぶりのお魚図鑑です。

久々にお勉強いたしましょう。












_photos_uncategorized_2015_10_17_img_6064.jpg

カスリヘビギンポ

ヘビギンポ科カスリヘビギンポ属カスリヘビギンポ




ベニハゼなどを撮っているとチラホラ見かけます。

サンゴの上にチラホラ動いています。



とても小さなお魚です。

肉眼ではイソハゼ属やヘビギンポとの分類が難解です。


難解電鉄高野線でございます(●´艸`)












IMG_6069.JPG

下からのアングル。

これはちょっと珍しい。


なかなか静止してくれません。

アクティブなお魚です。



本種はヘビギンポ科では1属1種となっています。

他のヘビギンポ属にはない特性があるのです。













IMG_6060.JPG

あたまにチクっとアンテナ!


電波を受信してキリキリと泳ぎまわります。



うそ(●´艸`)





ま、これも特徴ですね。


チクっとアンテナ。

他のヘビギンポと見分ける目安にはなります。












IMG_6065.JPG

ホントの特性は食性です。



他の魚を襲って食う

フィッシュイーター。

魚食性なわけです。



他のヘビギンポ属がおちょぼ口なのに対して本種はかなりの大口です。

自分の頭ほどの小魚を丸呑みにすることもあります。


見かけたらよく観察してみましょう。




撮影地 砂辺 水深10m








土壇場状態救済お願い!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation



posted by 海底奉行 at 20:10 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

ホンソメワケベラ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

本日も学習いたしましょう。








P7150857.JPG

サザナミヤッコ

エラのところを見ていただくと・・・。


ソメワケベラ属ホンソメワケベラ

クリーニング中であります。



あっ!

Instagramに写真を投稿してください。

#海底奉行

#kaiteibugyo


このブログでフォトフェスを開催します。

あなたの写真がお奉行ちゃんのブログに!



ま、それはおいといて・・・。











_photos_uncategorized_2015_06_19_img_1108.jpg

うわっ!

ブサイクですね(●´艸`)



本種はお魚についた寄生虫を食べます。

寄生虫は時としてお魚の命取りとなる。


ホンソメワケベラは大切な存在なわけです。










_photos_uncategorized_2015_06_19_p5010335.jpg

寝転んでる!

気持ちよさそうですね・・・。



本当はね、

ホソソメワケハベラ(細染分けベラ)

だったらしい。


みんなが「ソ」と「ン」を間違えた。

それが定着したらしい。

有名な話しですね。



オレは半角英字の「b」と「d」

まちがう(●´艸`)











_photos_uncategorized_2015_06_19_img_2024.jpg

グルクンも!

※イッセンタカサゴです。


回遊魚もクリーニングは大切です。

時折クリーニングポイントにやってきます。



本種は大型魚の口の中まで入ります。

お魚にも信義則があるのでしょう。


本種が食べられることはないようです。

・・・。




ホントに食べられないのか?

万一食べたらペナルティーがあるのか?


ホンソメワケベラ共同組合から破門状を回されて一生クリーニングしてもらえないとか・・・。











IMG_0009.JPG

エソは危ない┌(;゚∀゚;)┐

ホントに食べられないのでしょうか・・・。




アナタ!うちの職員を食べましたね?


今後は世界中どこの海でもサービスを受けられなくなりました。
本日付けでアカウントも抹消です。
最後のクリーニング費用3万円税別は後日別途請求させていただきます。

ホンソメワケベラ共同組合役員一同



てなことになるのか・・・。












参考になったら押してあげてね!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation



posted by 海底奉行 at 19:52 | Comment(1) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

ニチリンダテハゼ(お魚図鑑)

()



お元気ですか。

日々の学習お魚図鑑です。

ダイビングで見られるお魚をご紹介しています。








IMG_5544.JPG

おっ!

ご立派ヾ(●゚∀゚●)ノ



ニチリンびんびんです。

凛々しいですね。



ハゼ科ダテハゼ属ニチリンダテハゼ。

奄美大島以南に生息する南方系のダテハゼです。












IMG_52429.jpg

あっ!

ニチリンへなへなです・・・。

情けない感じ(●´艸`)




本種は第一背鰭が大きく円形になっています。


真ん中に目玉のような模様がありますね。

これは捕食者を驚かせて威嚇する及び目の位置を誤認させるためのものであると考えられています。









IMG_5389.JPG

あっぱれ!

ご立派ヾ(●゚∀゚●)ノ


ニチリンびんびんです。

凛々しいです。




ニチリンとは日輪のことです。

すなわち太陽であります。


ギラギラ太陽のダテハゼ

炎のSUNSUNダテハゼ

・・・。



なんか食べてますね(●´艸`)













IMG_5501.JPG

ダテハゼ属なのでエビちゃんと同居しています。



日輪立てハゼ

だと思っていました。


立てるから!


ではなくて・・・。

単にダテハゼ属のダテなのでした(●´艸`)









ポイント減って餅ベーダウン!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation



posted by 海底奉行 at 18:49 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

トウアカクマノミ(お魚図鑑)

()



お魚図鑑です。

お久しぶりですね。

日々学習いたしましょう。








IMG_3965.JPG

トウアカクマノミお子


幼稚園年長組ぐらいか。

かわいいですね。



白い頭巾に背中の白い模様。

本種の特徴であります。










IMG_3847.JPG

超お子


保育園児ぐらい。

うしろにノーマルクマノミが写っています。


ウンチ中ですな(●´艸`)



トウアカのほうが顔の幅が広くずんぐりしています。

忍者ハットリ君的ですね。











IMG_3861.JPG

イボハタゴイソギンチャクと共生します。

エビちゃんも同居です。




トウアカクマノミは日本で一番珍しいクマノミです。


日本6クマノミ中ナンバーワン!


と、いうことになっています・・・。


ノーマルクマノミ

ハマクマノミ

ハナビラクマノミ

カクレクマノミ

セジロクマノミ

トウアカクマノミ


このような序列になっていますが、お奉行的にはセジロクマノミがいちばん個体数が少ないのではないか?と思っています。

本種は沖縄本島で普通に見かけます。









IMG_2989.JPG

極小お子


生後2週間目ぐらい。

はかない命(●´艸`)




魚類は誰にも養育されずに自力で成長します。


どんなにかわいくても弱肉強食の掟のから逃れることなない。



誰かに食べられずに大人になれるといいね・・・。












P5211914.JPG

クマノミの仲間は卵を守ります。

これはこれで素晴らしい子育てです。




脊椎動物。

人間のご先祖。


魚類が人間のご先祖である証に目鼻口の位置が同じです。

人間の親子愛も魚類からの申し送りか・・・。




昨日は沖縄のウークイ(旧暦の送り火)です。

ご先祖に感謝して生命を大切にしましょう。


人間以外の生物もやさしい気持ちで大切にしましょう。







ご賛同はクリックでお願い!





Copyright (C) 2014 海底奉行corporation



posted by 海底奉行 at 17:25 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

ネムリブカ(お魚図鑑)

()



日々の学習お魚図鑑の時間です。

登録魚類数もウナギのぼりであります。

本日も学習いたしましょう。









IMG_9926.JPG

ネムリブカ

メジロザメ科ネムリブカ属ネムリブカ



シャーク┌(;゚∀゚;)┐

デンジャラス!


くわばらくわばら・・・。











IMG_2956.JPG

おとなしい鮫です。

暗いところでじっとしていることが多い・・・。



他の魚にナメられてますね(●´艸`)


基本的に夜行性です。

夜間は活発に捕食活動を行うらしい。


昼間は夜勤あけなわけです。










IMG_9939.JPG

群れやペアでいることが多いです。

なんかかわいいですね。



ホワイトチップシャーク


という通称名でダイバーに親しまれています。

ヒレの先が白いからでしょう。



本名はネムリブカです。


昼間寝てるからネムリブカ


と覚えてください・・・。









IMG_7190.JPG

おとなしいとはいえインパクトがあります。

絵になる被写体です。


が、マクロレンズ装着時に登場することが多い・・・。



レンズの選択を間違うと悲しいですよね。

悲しみ本線日本海です(●´艸`)




ためになったらポチッとお願い!


posted by 海底奉行 at 20:58 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

カサゴ(お魚図鑑)

()



お魚図鑑です。

日々の学習お魚図鑑。

本日も学習いたしましょう。







IMG_4116.JPG

カサゴ

メバル科カサゴ属カサゴ。


釣りをする人には馴染みの深いお魚です。

東京湾・大阪湾などの堤防で釣りをしていると本種が釣れることがあります。

子供のころ釣って遊んだ方も多いのではないでしょうか。


そんなカサゴちゃんですが・・・。








_photos_uncategorized_2015_08_30_img_4504.jpg

トラブル発生!

些細なことから口論となりカッときて・・・。


ではないようです(●´艸`)



縄張り争いですかね。

水深10mの海底で撮影しています。









_photos_uncategorized_2015_08_30_img_4505.jpg

あっ!

噛んだ┌(;゚∀゚;)┐


バイオレンスです!

セクシャルバイオレットナンバーワン。


そんなことを言ってる場合ではなくて・・・。










_photos_uncategorized_2015_08_30_img_4513.jpg

うわあ〜┌(;゚∀゚;)┐

えげつない!


体格は同じぐらいです。

丸呑みにしようとしているのか・・・。


単なる縄張り争いではないようです。










_photos_uncategorized_2015_08_30_img_4516.jpg

バトル!

ではなくて共食いらしいです。


カサゴの好物はカサゴ。

カサゴをエサにカサゴを釣るとよく釣れるらしい。


さすがに同じ大きさの魚を飲み込めるわけもなく、このあと吐き出して何事もなかったかのように磯に消えて行きました。









_photos_uncategorized_2015_08_30_p1018481.jpg

そっとカメラを置くオレ・・・。


ミニオンズみたいですが(●´艸`)


嫌なものを見たなあ。

共食いだったとは。


カサゴちゃんのことが少し嫌いになりました。








IMG_9147.JPG

瞳は美しいのにねえ・・・。




ためになったら是非ポチッと!


posted by 海底奉行 at 04:52 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

クロイシモチ(お魚図鑑)

()



日々の学習お魚図鑑です。

お久しぶりですね。

本日も学習いたしましょう。






IMG_2643.JPG

ミジン君とお母さん❤


ミジンベニハゼのミジン君とその母!

・・・。


ちがいますね(●´艸`)


なんか違う魚種のようです。

仲むつまじい母子のように見えますが・・・。








IMG_5427.JPG

not 母!

非お母さん!



クロイシモチというお魚です。


しかもygであります。

クロイシモチのお子です。








IMG_5419.JPG


カクレテンジクダイ属クロイシモチ


顔全体に細かいドットがあります。

顔.comです。


しかし・・・。


こんなに黄色いのにクロイシモチとは!

コレいかに(●´艸`)







img_1414_2.jpg

成魚になると黒くなります。


普通の地味なお魚になる。

段々とドットが増えて黒くなるのでしょう。



しかし・・・。

ただ色が似てるだけでお母さんはないよね。


しかもミジンベニハゼは成魚です。

たまたま同居していただけなのであります。








IMG_2645.JPG

だから違〜う┌(;゚∀゚;)┐





楽しめましたらポチッとお願い!


posted by 海底奉行 at 17:57 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

テングカワハギ(お魚図鑑)

()


お魚図鑑です。

今回は派手でおしゃれなお魚をご紹介します。

キラびやかで素敵なお魚であります。









IMG_3087.JPG

テングカワハギ

カワハギ科テングカワハギ属。



ん〜(●´艸`)


ケバケバしい!

えげつない色彩です。










IMG_3089.JPG

毒がありそうだなあ・・。

食べようと思わせない体色。


食べたら血のゲロを吐いて死ぬ!

血マーライオン!




ゆくし(●´艸`)


毒は無いようです。

ま、カワハギちゃんですからね。











IMG_3092.JPG

いっぱいいらっしゃる。

さわざん沢山いらっしゃる。


こんな色なので人気があります。


ミドリイシ(珊瑚)の近辺にペアでいることが多い。


へらへら珊瑚の隙間に入るので撮りにくいです。

寝るときも珊瑚の隙間で寝るのだそうです。










IMG_3083.JPG

珊瑚のポリプを食べています・・・。


サンゴ保全協会さ〜ん( ´,_ゝ`)



いやいや。


普通のお魚もポリプを食べます。

珊瑚に悪影響はありません。







気持ちだけクリックしてください!


posted by 海底奉行 at 18:59 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

マダラエイ(お魚図鑑)

()



日々の学習お魚図鑑です。

1日1種のお魚お名前を覚えましょう。

人生は勉強の連続であります。







IMG_8552.JPG

友達と砂辺に潜っていたら・・・。


びっくらポン┌(;゚∀゚;)┐


巨大なエイが砂の中から出てきました。



そ〜っと寄って撮影いたしましょう。


そ〜っとね!

そ〜っとよっ!









IMG_8564.JPG

マダラエイ

アカエイ科マダラエイ属。


巨大ですね。

背景と対象比較していただきたい。



なんか怒ってるみたいです・・・。









IMG_8559.JPG

激オコ!!!

滅茶苦茶怒っています。

・・・。


ちょっと近寄っただけなのに(●´艸`)



とにかく逃げよう!

怖い。

危ない。

キャーっ!










IMG_8560.JPG

ターン!



これはターンではなくて・・・。

オレを刺そうと思っているわけです。



尾部に毒棘があります。

死亡例もあり。


くわばらくわばら(●´艸`)









IMG_3762.JPG

砂辺恐るべし。

岸から50mに巨大エイです。



マダラエイは国際自然保護連合のレッドリストにおける危急種に指定されております。

繁殖力が非常に弱いらしい。


見つけてもそっとしといてあげましょう。






よろしければ押してやってください!



posted by 海底奉行 at 09:23 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

バラハタ(お魚図鑑)

()




お魚図鑑です。

一応このブログは海洋教室ですから。

お魚の学習は必須項目なのであります。










IMG_3453.JPG

バラハタ(ハタ科バラハタ属)

と言うより!



ナガジューミーバイ

と沖縄名で呼ぶのがよろしい。


基本的に沖縄のお魚です。

沖縄ではメジャーなお魚です。


ミーバイですから高級魚であります。









IMG_3452.JPG

精悍な顔つきです。

小魚や甲殻類などを捕食する。


本種は今年シガテラ毒騒動で問題になりました。


が、シガテラ毒ってナニ?

ということでありますが以下のようになります。



有毒プラントン(有毒渦鞭毛藻など)

捕↑食

矮小お魚

捕↑食

小魚

捕↑食

ナガジューミーバイ



ナガジューミーバイのような食物連鎖の頂点にある生物には凝縮された毒素が残る可能性がある。

シガトキシンという毒素が蓄積する可能性があるということのようです。











img_315.jpg

牧志公設市場

沖縄県内だけで年間20tほど流通しているようです。


味はアカジンに続き極上!

オレも食べたことがあります。


現在ナイチでは毒魚呼ばわりですが(●´艸`)




シガテラ毒を持つ可能性がある魚種は多々あります。


ダイバー的にメジャーなお魚をあげますと・・・。

ギンガメアジ

バラクーダ

カスミアジ

ウツボ

ソウシハギ




全てが必ずシガテラ毒を持っているわけではなく、有毒プランクトンを多く食べた小魚を多く捕食した肉食魚に危険性がある、というレベルのもので、シガテラ毒に当たると非常に苦しいらしいが、死ぬことはマズ稀であるらしい。

だからといって、素人衆が自分で釣ったものを、何の知識もなくガンガン食べて当たるのはいかがなもんか?とも思うのであります。

ここまで流通しているお魚を、毒だ毒だと面白おかしく報道すると困るのは海人であります。















IMG_3450.JPG

Bugyoまとめ(●´艸`)


K本的に海人が目利きしたものは大丈夫!


食用魚は海人にお任せしましょう。





本稿を高知県は大月町の海人忠雄に捧げます。

全快祈願!また大漁旗を振って帰港できますように!





日々の精進で現在1位!!







posted by 海底奉行 at 18:34 | Comment(0) | お魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

モンキキンチャクフグ (お魚図鑑)

()

 

 

 

お元気ですか。

 

毎日勉強のお魚図鑑です。

 

日々お魚の名前を覚えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_9535

 

モンキキンチャクフグさん

 

細〇数子が標準和名をつけました。

 

 

うそ(●´艸`)

 

 

 

フグ科キタマクラ属モンキキンチャクフグ。

 

よく見かけるシマキンチャクフグの親戚です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_9261

 

通常水深20mより深いところに棲んでいます。

 

アドバンスふぐ(●´艸`)

 

 

 

観察例が少ないことからレアふぐ扱いになっています。

 

熱帯魚屋さんでも入荷が少ないので高額で取引されています。

 

 

が、沖縄本島の深場でちらほら見かけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pa250353

 

食性は雑食。

 

何でも食べます。

 

 

毒性は不明。

 

ということになっていますがキタマクラ属ですから。

 

強毒があるはずです。

 

 

10g食べたら死亡遊戯( ´,_ゝ`)

 

釣れても食べてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_9536

 

頭からノーズにかけて模様がない。

 

手抜きですかね(●´艸`)

 

 

その他の部分が派手派手なので異様ないでたちです。

 

 

警戒色でありながら上部だけ擬態色。

 

上からの捕食者に狙われないようになっているのでしょうね。

 

深場に棲んでいるから理にかなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ログブック】

撮影場所 沖縄県 恩納村 ホーシュー沖 水深25M

 

今年はけっこう見かけます。

真栄田あつ子岬でも複数見かけました。

 

アケボノハゼがいる水深で本種を撮る。

多くのアケボノを見落としているはずです。

 

ヘルフちゃんを見落としていたら全泣きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリック減っても継続は力

 

クリック↓お願い(●´艸`)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

こっちゃ↓もお願いします。


沖縄 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

 

 

 

ひとつ古い記事も見ちゃう   ひとつ新しい記事も見ちゃう

 

 

 

那覇の居酒屋 タンパラヤ

 

沖縄のダイビングは seaぶん

 

九州の美容整形はみやざき美容クリニック

 

世界一美味しいチーズケーキはキッチン ノブ

 

石垣島のダイビングはちぃむどんどん

 

祇園のスイーツ隠れ家京きなな

 

お薬と医療器具の輸入は吉田法務事務所

 

読谷村が生んだスーパースターナオキ屋

 

プーケットのダイビングはプーケットマーメイドダイブ

 

恩納村のダイビングはMarin Culub gigi

 

芸能界の映像制作はミヤビプランニングオフィス

 

石垣島のご宿泊はペットと泊れるバリ リゾートin石垣島

 

全日本潜水連盟理事イッシーのブログ

 

いのっちのおしゃれダイビングサービスDearBlue

 

 

 

 

海底奉行公式ホームページ

 

みんな見てね〜↑

 

 

 

2016年06月22日

フタスジリュウキュウスズメダイ (お魚図鑑)

()

 

 

 

お元気ですか。

 

日々勉強のお魚図鑑です。

 

毎日お魚の名前を覚えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_6241

 

ファインディング・ドリー

 

 

大人気ですね。

 

映画館に観に行こうと思っています。

 

 

みんながお魚に興味を持ちますように。

 

海底奉行のお魚図鑑も有名になりますように。

 

 

 

ま、それはよろしい(●´艸`)

 

ドリーのバックバンドをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_6255

 

フタスジリュウキュウスズメダイさん

 

 

3頭身ですな(●´艸`)

 

ちょっとファニーなお魚であります。

 

 

 

お名前に琉球がつきます。

 

 

オレの愛する琉球。

 

好感がもてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_6260

 

サンゴの周辺に群れで暮らしています。

 

団体生活です。

 

 

 

他の生物が接近するとサンゴの間に隠れるわけですがね。

 

その必死の隠れ方が尋常ではなくてですね。

 

ゴリゴリと音が鳴るぐらい奥まで隠れます。

 

 

ウロコとれるよ(●´艸`)

 

いつも思います・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ログブック】

撮影場所 沖縄県 石垣市 米原海岸沖 水深10M

 

かわいらしいお魚です。

 

ミスジリュウキュウスズメダイ属フタスジリュウキュウスズメダイ。

3が本家なんですね。

 

沖縄では普通にみかけます。

水質が良い海域に多いように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックは学習の証

 

クリック↓お願い(●´艸`)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

こっちゃ↓もお願いします。


沖縄 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

 

 

 

ひとつ古い記事も見ちゃう   ひとつ新しい記事も見ちゃう

 

 

 

那覇の居酒屋 タンパラヤ

 

沖縄のダイビングは seaぶん

 

九州の美容整形はみやざき美容クリニック

 

世界一美味しいチーズケーキはキッチン ノブ

 

石垣島のダイビングはちぃむどんどん

 

祇園のスイーツ隠れ家京きなな

 

お薬と医療器具の輸入は吉田法務事務所

 

読谷村が生んだスーパースターナオキ屋

 

プーケットのダイビングはプーケットマーメイドダイブ

 

恩納村のダイビングはMarin Culub gigi

 

芸能界の映像制作はミヤビプランニングオフィス

 

石垣島のご宿泊はペットと泊れるバリ リゾートin石垣島

 

全日本潜水連盟理事イッシーのブログ

 

いのっちのおしゃれダイビングサービスDearBlue

 

 

 

 

海底奉行公式ホームページ

 

みんな見てね〜↑

 

 

 

2016年06月18日

キンメモドキ (お魚図鑑)

()

 

 

 

日々お元気ですか。

 

毎日勉強のお魚図鑑です。

 

1日1種のお魚お名前を覚えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_3265

 

キンメモドキ群れ

 

妖怪百目の如し。

 

 

 

キンメモドキ 群れ

 

カエルアンコウ Yg

 

 

なんで幼魚だけ英語なんですか?

 

ダイビング用語・・・。

 

 

群れはcolonyだからCyではないのですか?

 

 

ま、どうでもいいけど(●´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_3264

 

拡大してみました。

 

 

ハタンポ科キンメモドキ属キンメモドキ。

 

暗いところを好むのはハタンポ科だからなんですねえ。

 

 

 

あ、魚の群れはcolonyではなくてschoolだそうです・・・。

 

 

school!

 

がっこう( ´,_ゝ`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_3732

 

さらに拡大してみました。

 

 

ストロボが反射して撮りにくいお魚であります。

 

これは腹腔膜に光が反射しておるわけです。

 

シルバー腹腔膜。

 

 

オレ横隔膜破れてるけど(●´艸`)

 

腸が出てるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_3733

 

MAX拡大してみました。

 

魚体がオレンジ色に縁取られていてまことに美しい。

 

頭部のケミカルカラーも非常に綺麗です。

 

 

が、スケルトンなので骨が丸見え。

 

ホネホネロックです(●´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_3748

 

カスミアジ登場!

 

 

キンメモドキピンチです。

 

パクパク食べられています。

 

 

弱肉強食の生態系。

 

カスミアジもまた大きな魚に狙われる。

 

 

みんな一瞬の命。

 

はかない美しさです・・・。

 

 

 

 

 

【ログブック】

撮影場所 沖縄県 島尻郡 慶良間諸島沖他

 

大きな群れになります。

 

巨大な魚に見せかけるため。

とかなんとか言いますがバレて食われていますね。

 

ホントは違う意味で群れているのではないでしょうか。

そういえばハタンポも洞窟の中で群れていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリック減で疲労困憊

 

クリック↓お願い(●´艸`)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

こっちゃ↓もお願いします。


沖縄 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

 

 

 

ひとつ古い記事も見ちゃう   ひとつ新しい記事も見ちゃう

 

 

 

那覇の居酒屋 タンパラヤ

 

沖縄のダイビングは seaぶん

 

九州の美容整形はみやざき美容クリニック

 

世界一美味しいチーズケーキはキッチン ノブ

 

石垣島のダイビングはちぃむどんどん

 

祇園のスイーツ隠れ家京きなな

 

お薬と医療器具の輸入は吉田法務事務所

 

読谷村が生んだスーパースターナオキ屋

 

プーケットのダイビングはプーケットマーメイドダイブ

 

恩納村のダイビングはMarin Culub gigi

 

芸能界の映像制作はミヤビプランニングオフィス

 

石垣島のご宿泊はペットと泊れるバリ リゾートin石垣島

 

全日本潜水連盟理事イッシーのブログ

 

いのっちのおしゃれダイビングサービスDearBlue

 

 

 

 

海底奉行公式ホームページ

 

みんな見てね〜↑